デイトレ基礎知識

初心者にデイトレのデモトレが必須な訳は?チャートと板の動きに慣れよう

2018年5月20日

デイトレードは、簡単にできるようになる甘い仕事ではありません。

デイトレードを仕事にしたいのであれば、まずは、ザラ場中のチャートの見方、板の値動きに慣れることから始めるべきだと考えます。

少額で練習をしているつもりでも、実弾を打っていれば、資金を失うのはあっという間です。

 

とくに何も知らない段階から始める主婦トレーダーは、デモトレから始めることを、強く強くお勧めします。

初めてのデイトレで、たった100株のみエントリーしたつもりなのに、大きな資金を失った私を、反面教師にしてくださいね。

デイトレのデモトレをする意味とは?

大切な資金を減らさないため

私は、初めてのトレードで、一日で6万円以上の資金を減らしました。

その時のショックは、今でも忘れられません。

強烈に印象付けられ、その後の数年間、リスクが取れない原因になりました。

落ち込む女性
何も知らない主婦が初めてデイトレした日 。最悪の結果を語ります。

主婦トレーダーの方に、デイトレードを始める手立てを早く伝えたいと思いで、 基礎的なことから書き続けていますが、慣れない作業にちょっと疲れてきたので、自分の過去を振り返ります。   すべて、反 ...

続きを見る

<私が負けた理由>

・チャートの見方も、板の見方もまともに分かっていない
・自分のエントリールールも利確ルールもない
・大きく損をしていても、パニックになるだけで、損切りができない

今思うと、本当に馬鹿げた行為です。

資金の多くをなくしたこと以上に、馬鹿げた行為をした自分自身を、強烈に傷つけました。

 

これから、デイトレを始めようとしている初心者主婦トレーダーさんに、私のような思いをして欲しくないので、声を大にして言います。

 

大切な資金を守るために、まずはデモトレをしましょう!

 

デイトレは、資金をあっという間に失う可能性があります。

チャートでその恐怖をご説明します。

 

2018年7月5日 ZUU(4387)のチャートです。

上場して間もない、いわゆるIPO(新規公開株)銘柄です。

IPOは、値動きが荒いので注意が必要ですが、大きく利益が取れる可能性があるので、デイトレーダーには人気です。

これは日足です。5日は矢印で示した、長い陰線の日です。

 

そして、その日の、5分足です。

寄り付きから下げていますが、後場から徐々に上げています。

この上げに乗り、天井で買っていたら…

5分の間に損切りを躊躇していたら…

 

5分で、10万円以上の損失です。

 

ZUUはかなりの値嵩株なので、極端な例かもしれませんが、

もし、まだチャートの見方も、板の見方も分からない、マイルールも決まっていない状態でエントリーしたら…

大変なことになるのが、分かっていただけると思います。

 

特に主婦トレーダーは家計を管理する身として、資金管理に特に気を配っていただきたいです。

 

そのために、デモトレと少額トレードから、デイトレを始めることをおすすめします。

 

「大切な資金をなくさない」

このリスクを減らすことができるのが、デモトレです。

 

最初は、必ず負けるのです。

負ける額を、少しでも減らしたいと思いませんか???

 

デモトレはデイトレの知識を実践につなげ、技術を磨くための訓練

ビート版で泳ぐ子ども

 

デイトレのやり方に慣れるまでには、それなりの時間がかかります。

本、ネット情報、株の学校などで学習した基礎知識は、最低限必要ですが、実際のチャートと板の動きに慣れなければ、何も始まりません。

 

基礎知識は、ただの机上の理論であって、できるかできないかは別問題です。

 

デイトレでの取引は、「ある程度の慣れ期間」が必要です。

他の売買と違って、チャートと板の動きを見て、瞬時に判断する必要があるからです。

 

  • チャートの見方
  • 板の見方
  • 損切りの見極め方
  • 自分のルールが、確率的に有利なルールとなっているのか?
  • メンタル管理

などなど。

 

どんなに勉強をしたとしても、

まずは、環境を整え、実際にツールの使い方に慣れなければ、できません。

でも、その前にすべての資金をなくしてしまったら???

考えただけで、悲しくなりませんか?

 

デイトレを続けていくためには大きく分けて、二つ大切なことがあります。

 

「デイトレの知識と技術」

「自己管理の徹底」

です。

 

デモトレは、「自分のデイトレの知識と技術」が、相場の中で機能するのか?検証し、素早い判断で行動するための準備期間と、とらえてください。

どんな仕事にも実習期間ってありますよね?

 

デモトレは、実際のリアルタイムの現場に立ち会うことができる場です。

気持ちは、実習生。

 

デモトレ = 資格を取るための実習期間

と考えると、焦らずに続けていくことができるのではないでしょうか?

 

デモトレに意味はないという意見もある

×を出すひよこ

 

デモトレは意味がない、初めから実弾トレードで行くべきだという方もいます。

おっしゃっている意味も分かります。

なぜなら、デモトレでできていたとしても、実際の取引になると、同じ行為ができなくなるからです。

 

それは、「デイトレの知識と技術」よりも、二つ目の「自己管理の徹底」が数倍難しいからです。

 

デイトレができるかどうかは、9割方、この「自己管理の徹底」にかかっていると言っても、過言ではありません。

実際に自分の資金を投じることになるので、「大切な資金を失う恐怖から」できることができなくなってしまうのです。

勝てるようになってからも、常に自己管理はついて回ります。

 

だから、多くのトレーダーが、実弾を打たずにデモトレで勝っても、どうせ初めは負けるのだから意味がないというのです。

でも、考えてみてください。

 

最初から実弾を打って、大きく資金を減らすよりも、

退場(資金を失ってやめていく)してしまうよりも、

回り道をしてでも、まずはデモトレをすることは、プラスになることはあっても、マイナスになることはないのです。

 

まずは、資金をかけずにデモトレすることで、「デイトレの知識と技術」を身に着ける方が、理にかなっていると思いませんか?

 

 

デモトレの最大のメリットは、お金が絡まないこと

デモトレは、資金の投入がありません。

実際の取引画面を見て、「ここで買う」「ここで売る」「ここで損切りする」というイメトレをするのみです。

いわば、お金をかけないゲームです。

その最大のメリットは、実際に取引している人がいる中で、自分のルールで勝てそうかどうかを試し、経験を積んでいけることです。

負けても勝っても、資金の増減がないので、冷静にデイトレというゲームの遊び方が学べます。

 

お金をかけないゲームに勝つことが出来なければ、お金をかけるゲームでは、もちろん勝つことができません。

 

実際にトレードをするようになっても、自分のトレードを終了したあと、デモトレするのもおすすめです。

お金が絡まないから、客観的に、自分のルールの確認ができます。

 

私は、今も、新しいルールを試す時や、同じルールで、もう少しリスクをとるか検討する時に、デモトレをしています。




次のページへ >

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-デイトレ基礎知識
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2020 All Rights Reserved.