おすすめ証券会社

住信SBIネット銀行とSBI証券を、家計管理必須としてお勧めする理由とは?

投稿日:2018年12月20日 更新日:

家計管理

私は、家計管理のしやすさで、SBI証券と住信SBIネット銀行を我が家の家計管理の中心として利用しています。

SBIを利用するようになり、貯蓄の管理が見える化し、気持ちが大変楽になりました。

 

ネット銀行やネット証券が怖いと言っていた友達も、使い勝手の良さを話すと、銀行と証券口座を開設しています。

今は使いこなして、外食や優待品を楽しんでいる友達もいます。

 

SBIグループの利便性は、住信SBIネット銀行とSBI証券が、ネット上でいつでも自由に行き来できることです。

 

銀行と証券会社がつながることによって、投資にまわせない、近い将来使う予定のある資金も、株主優待のクロス取引やIPOへの挑戦にまわすことができます。

クロス取引や、IPOへの挑戦は、リスクもありません。

使いこなすと、銀行に預けていることが、ばかばかしく思うようになります。

 

利点を話すと長くなりますが、気になるところだけでも読んでいただけると幸いです。

SBI証券を語る前に、住信SBIネット銀行のメリットについて

株ブログなので、先に、SBI証券会社についてお伝えすべきですが、今回は「主婦の家計管理ツール」としてのお勧めですので、まずは住信SBIネット銀行の利点から。

 

主婦の方の中には、

ネット銀行、ネット証券は、怖い!?

と、思っていらっしゃる方が、まだまだ多いのではないでしょうか?

しかし、今は、ネットを利用する方が数倍利点があります。

何よりも、自宅ですべて管理できることが、時短につながります。

自分時間を短縮させましょう。

 

1.ATMに並ぶ必要がない

よく、給料日やボーナス前になると、ATMに長い列ができていますよね。

貯蓄や生活費など、いくつかの口座を使い分けている方が多いので、振り分ける必要があるのだと思います。

我が家の場合も、夫の給与は、急な現金に対応できるように、家に一番近い銀行に振り込まれるようにしています。

学校やカードの引き落としなど、日々の生活費は、こちらの口座から引き落とされ、通帳にも記帳しています。

 

日々の生活費以外は、毎月自動引き落としで、住信SBIネット銀行へ「定額自動入金」するように、設定してあります。

そして、振り込まれた資金を目的別で、振り分けています。

 

「定額自動入金」と同じように、「定額自動振込」もできるので、「定額自動振込」で、住宅ローン口座に自動で振り込みをしています。

 

給与から、自動で入金してくれることも、

家賃や、習い事の月謝など、毎月必ず振り込みが必要な金額を、自動で振り込みしてくれることも、

主婦にとって、手間を省く大きなメリットと言えます。

 

2.目的別口座に振り分けられる

住信SBIネット銀行の口座は、口座内で、目的別に資金を分けることができます。

私が、住信SBIネット銀行で一番気に入っているところです♪ 

 

 

家計管理をする時に、食費、日用品、学費など、現金を袋分けしませんか?

 

家計管理の本を読むと、

「給与振り込み用の口座と、貯蓄用の口座を分けましょう」とお勧めされていますが、それが同じ銀行口座内で、さらに細分化できます。

 

上は、我が家の住信SBIネット銀行口座の画面です。

税金、旅費、家電、繰り上げ返済費など、今すぐには使わないけれど、近い将来必ず使うお金を目的別に貯蓄しています。

これは夫の口座ですが、私の住信SBIネット銀行口座でも、習い事費、特別費、緊急費などが、目的別で振り分けられています。

 

このように、目的別に先取貯蓄していると、家計が見える化し、どの口座から引き出すかも分かりやすいです。

資金の行き来も、簡単♪

ある程度各口座に資金が貯まってくると、住宅ローンの繰り上げ返済や、将来の貯蓄にまわしています。

 

私は、夫が休職していた時、

こんなにも今必要がないな?

と思う口座から、日々の生活費を捻出することで、緊急費に手を付けることなく、やりくりができました。

 

近い将来使うお金と遠い将来使うお金は分けるべきです。

そして、

近い将来使う予定のお金は、投資に使ってはいけません。

 

本来貯蓄というのは、遠い将来、必ず貯める必要のあるお金です。

例えば、老後資金、子どもの将来のための学費、家を買うための頭金などがこちらに当たりますね。

 

近い将来使うお金と、遠い将来のために貯める貯蓄、全てを一緒にしてしまうと、なんだかたくさん貯めた気になってしまいませんか?

 

貯蓄は、目的別に管理することで、使うべき時に気にすることなく使える安心感を得ることができます

その点、銀行内で目的別に管理ができるということは、大変魅力的です。

 

3.ランキングに応じて、ATM無料回数、他行宛振込無料回数が増える

他行宛振込手数料って高くありませんか?

住信SBIネット銀行では、他行宛振込手数料を3回まで、簡単に無料にすることができます。

 

ステージによって、もっと回数を増やすことも可能ですが、とりあえず、
ランク2にすると、ATM出金無料回数5回、他行宛振込手数料を3回無料にできるだけでも、かなり良い条件になります。

夫婦で口座を開設していると、それが倍になりますし、住信SBIネット銀行間での口座移動は無料です。

住信SBIネット銀行

 

ランク2になるために、我が家がしていることです。

  • 総預金残高 月末30万円以上
  • SBIハイブリッド預金(証券会社とつながっている口座)月末残高あり
  • 外貨預金 月末残高あり(1ドルだけ入れてます)

基本、大きな買い物をする時しか引き出さないので、ATM出金無回数は、月10回あれば十分。振込回数が、6回無料になるのも助かります。

 

 

住信SBIネット銀行とSBI証券は、いつでもつながっている

手をつないだ影

私がお勧めする最大の理由は

住信SBIネット銀行とSBI証券がネット上でつながっていることです。

 

これによって、月々の生活費以外の貯蓄を、すべてネット上で管理することができます。

 

住信SBIネット銀行には、普通口座とは別に、ハイブリッド口座という口座があります。その口座に資金を入金しておくと、証券会社の買い付け余力に反映されます。

 

  • ハイブリッド預金口座に入金しておくと、ハイブリッド預金口座から「つみたてNISA」へ自動で引き落としされます。
  • 株式を買う時も、ハイブリッド預金口座の残高が、買い付け余力に反映されます。

ハイブリッド預金口座の金利は、円普通預金口座よりも高めに設定されている点も、魅力です。

 

注意:すぐに買い付け余力に反映させたいときには、「即時決済サービス」を利用して、直接、住信SBIネット銀行からSBI証券口座に入金して下さいね。

 




主婦が嬉しい、SBI証券のメリット

SBI証券には、数えきれないくらいのメリットがあるのですが、主婦が嬉しい、リスクのない利用に絞って、ご紹介します。

ガッツポーズの主婦

 

1.銀行にある投資に回せない資金で、クロス取引をしたり、IPOに挑戦できる

老後資金、子どもの学費など、遠い将来の資金は、「つみたてNISA」や「iDeCo」を利用した長期投資をお勧めしますが、

近い将来使う予定の資金をそのままにしておくのはもったいないと思いませんか?

 

でも、使ってしまうわけにはいかないし…

ということで、

 

  我が家はそれらの資金で、株式投資のクロス取引をしたり、IPOに挑戦しています

・クロス取引というのは、株の値動きを気にすることなく、優待を取ることができる手法です。手数料はかかりますが、値動きのリスクはありません。

・IPO(新規上場株)は、簡単にいうと、株版、宝くじのようなもの? 申し込みに、手数料は一切かかりません。

 

優待やIPOの時期になると、それらの資金をハイブリッド口座に移動させて、SBI証券での取引に利用しています。

そうすると、

近い将来使う予定があっても使えない資金を、普通預金に入れておくのではなく、リスクにさらすことなく、有効に活用することができます。

 

リスクにさらしてもいい資金と、リスクにさらしてはいけない資金を分け、優待やIPOで利用するのです。

銀行の口座で、きちんと目的別に資金管理しているからこそできる、普通預金でお金を眠らせているよりも数十倍お得な、リスクのない投資手法です。

 

クロス取引は、SBI証券カブドットコム証券松井証券楽天証券GMOクリック証券で可能でよ。

 

クロス取引に関しては、GMOクリック証券が一番のお勧めです!!

 

手数料を年間10,000円以上浮かせる方法があります

 

我が家は、しばらく動かすことがない車購入資金をそちらに入れています。

パソコンをする女性
GMOクリック証券は、優待クロス取引に必須!優待併用で手数料を大幅削減しよう。

私のおすすめ証券会社のうちの1社、GMOクリック証券の魅力についてお伝えします。 もともと、ネット証券の中でも手数料が安く、GMO系の株主優待と併用するとさらにお得度が高い証券会社はここしかないので、 ...

続きを見る

 

2.IPO(新規上場株)への申し込みで、チャレンジポイントが貯まる

毎年、新規上場される株(IPO)があります。

多くのIPOは、初値より上がる確率が高いです。

SBI証券には「IPOチャレンジポイント」という制度があり、ポイントをコツコツ貯めれば、大物IPOをゲットできるチャンスがあります。

SBI証券で、IPOを申し込んで落選すると、落選ごとに1ポイントもらえます。

SBI証券のIPOは、70%は抽選です。

残りの30%は、IPOチャレンジポイント数の多い人から、順番に配分されます。

 

手間はかかますが、ハガキで抽選に応募しているのと一緒と考え、コツコツと申し込み、ポイントを貯めていき、ここぞという時にポイントを使えば、スペシャルなIPOに当たる可能性があり!

うまくいくと、お宝銘柄をゲットできるチャンスです!

 

3.投資信託を積み立てていくと、SBIポイントがたまる

SBI証券は手数料が安いだけでも、投信積立をしていく価値が十分にあるのですが、

SBIポイントが貯まるということが楽しみの一つです。

 

投資信託をコツコツ積み立てていくだけで、積み立て額が大きくなるほどポイントが貯まります。

 

普通ポイントを貯めるには、何かを買わないと貯まりませんよね?

SBI証券は投信をコツコツ積み立てていくだけで、ポイントが自然とザクザク貯まっていきます。

 

1000万円未満で、年率0.1%

1000万円以上で、年率0.2%

 

1000万円投信積立額を超えると、ポイントは2倍になります。

 

そのポイント額、年間2万円!!

 

ポイントの利用も様々。

我が家は、ナナコやTポイントに代えて、外食やコンビニ利用に使っています。

投資信託をしていると、知らないうちに貯まっているので、嬉しい♪

 

投資信託をする場合、SBI証券か楽天証券で迷われる方が多いと思うのですが、私は、1000万円超すと、ポイントが2倍になるということに魅力を感じ、やっぱりSBI証券LOVEです(笑)

夫と口座を分けているので、いつの日か、年間4万円以上の使途不明金が入るようになる、ポイント生活を夢見ています♪

*投資信託によっては、SBIポントの付与率が違うものがあります。HPで、ご確認下さい。

 

「塵も積もれば山となる」

知らないうちに貯まっていくポイントほど嬉しいものはありません。

我が家の大きな大きな使途不明金です♪

 

私がお伝えしたい、主婦として、リスクの少ないSBI証券でのお得な投資はこの三つです 




家計管理必須として、住信SBIネット銀行とSBI証券をお勧めする理由とは?のまとめ

以上の理由で、我が家は家族3人がSBI証券の口座を開設しています。

情報の見やすさなど、他にもたくさんの魅力があるのですが、

ここでは、家計管理のしやすさと、主婦ならではのリスクのない投資に着目して、住信SBIネット銀行とSBI証券を使用する利点についてお伝えしました。

 

住信SBIネット銀行でのメリット

  • ATMに並ぶ必要がない「定額自動入金」「定額自動振り込み」ができる
  • 目的別に口座を振り分けることができる
  • ランキングに応じて、ATM無料回数、他行宛振込無料回数が増える
  • ハイブリッド口座で、SBI証券とつながっている

SBI証券でのメリット

  • クロス取引やIPOに挑戦することができる
  • IPOの挑戦で「IPOチャレンジポイント」を貯めることができる
  • 投資信託でSBIポイントを貯めることができる

ぜひ、家計管理ツールとして、住信SBIネット銀行を利用し、SBI証券で、リスクの少ないクロス取引、IPOチャレンジ、SBIポイントを貯めることに挑戦してみて下さいね♪

 

ちなみに、こ~んなにSBI証券押しの私ですが、私のサイトから開設していただいても、入ってくる紹介料は100円パン 3個より少ないのが現実です。

口座開設している人多いから余裕かもしれないけれど、こんなに押してるんだからなんとかならないかしら(笑)?

 

それでも、主婦として、家計管理のしやすさと、使えない資金もリスクのない投資に使える利点を考えると、我が家の、メイン証券会社は、SBI証券以外考えられないです。

 

無駄を省き、使える資金は楽しく使って、やりくり上手の主婦投資家を目指しましょう♪

 

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-おすすめ証券会社
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2019 All Rights Reserved.