投資信託(NISA・iDeCo)

保険と貯蓄は別で考えよう。我が家のリスク管理の考え方とは?

投稿日:2018年10月20日 更新日:

手に持った家

我が家は、夫がサラリーマン、私が専業主婦&パートの一般的な家庭です。

ただ、ちょっと違うのは、夫が自律神経失調症をかかえているということ。

単身赴任で、娘と二人きりの生活だということ。

参考になるか分かりませんが、我が家なりのリスク管理について、お話ししたいと思います。

我が家が今必要な資金と、これから起こりうるリスクについて

我が家は、家族3人。

必要な資金としては、大まかに分けて、

1.今現在の生活費

2.娘のこれからの学費

3.老後資金

4.住宅ローン返済

といったところです。

これからどんなことが起こるか分かりません。

 

考えられるリスクとしては、

1.夫や働けなくなること

2.私や娘が病気になること

3.両親の介護

4.突然の天災

などが考えられます。

その時起こったリスクに、どうカバーすべきかを私なりに考え、夫とも相談した上で決めたのが、今のポートフォリオです。

 

保険と貯蓄は、分けて考えています。

保険の魅力は、いざという時に資金がでることです。ですので、備えとしての保険は必要です。

でも、保険と貯蓄は切り離して考えるべきという考えでいます。

 

保険は、いざという時のリスク回避のため

貯蓄は、将来必ず必要な資金を貯めるため

 

我が家は、掛け捨てで夫の生命保険(70歳まで)、家族の医療保険に入っています。

それ以外の保険商品は、私が独身の時にはじめた老後資金の積み立てです。

結婚した年齢も遅く、おひとり様老後の可能性が高かったので、老後年金として契約しました。
リスク商品で大きく増やせる可能性が高いので、専業主婦の私としては、やっておいてよかったと思っています。

でも、その時の私は、投資信託や株について全く関心がありませんでした。

今の私なら、保険ではなく、長期投資で老後資金を増やします。

なので、今から株を始める初心者主婦の方に、自分年金を税制優遇を受けながら、貯蓄していくことをお勧めしています。

 

働いているのなら、iDeCo優先です。税金の恩恵が違います。しかし、60歳まで引き出すことができません。

つみたてNISAは、20年という長期で投資ができ、いつでも引き出せることがメリットです。

 

保険と貯蓄を分けている理由は、いくつかあります。

次のページへ >

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-投資信託(NISA・iDeCo)
-,

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.