証券会社を選ぶ視点

デイトレードの手数料と空売りに特化した証券会社は?

おすすめ2.楽天証券 「いちにち信用取引」と「いちにち定額コース」&「デイ割」の併用と「特別空売り」

楽天証券のデイトレードに適した手数料プラン

財布

楽天証券にも、手数料無料の「いちにち信用」というプランがあります。

 

松井証券と同じく、一日のうちに株の売買を成立させるのなら、何度取引をしても、手数料が無料です。

「いちにち信用」も、デイトレード専用の信用取引です。

 

楽天証券も、信用取引の、「同一保証金で、一日に何度でも売買できる」メリットを最大限に活かせます。

 

1注文あたりの約定金額が100万以上で、年利1.8%の金利・貸株料も完全無料になります。

100万以下の約定なら、金利はかかりますが、年利1.8%なので、それほど気にする金額にはなりません。

 

松井証券と同じく、現引きができます。

デイトレをするのなら、手数料が無料で、ツールも使いやすい、松井証券か楽天証券での発注がいいでしょう。

 

 

現物取引で、デイトレの練習をするなら、「いちにち定額コース」と「デイトレード割引(デイ割)」を使おう。

財布

楽天証券には、「いちにち定額コース」があります。

1日の約定金額合計に対し、手数料がかかります。

 

「いちにち定額コース」で、50万円以下で売買するのなら、現物も信用も、松井証券と同じく、手数料が無料です。

 

さらに魅力的なのは、いちにち定額コースには、日計り取引の片道手数料が無料です。

*同日の同銘柄の売買

 

現物買い、または信用新規の約定代金が50万円以下なら、

現物売りまたは信用返済の取引手数料は0円。

 

【片道手数料無料となる組み合わせ】

現物買 × 現物売

信用新規(買・売) × 信用返済(売埋・買埋)

 

例えば、

【現物買】A銘柄 50万円→【現物売】A銘柄 50万円 を同日に取引した場合

手数料0円

 

つまり、その日のうちに現物か信用どちらかに統一して決済するのであれば、

松井証券は一日50万円なのに対して、楽天証券は、100万円まで可能になるということです。

 

いちにち定額コースを選択することを忘れないように気を付けて下さいね。

 

現物取引で手数料無料で取引ができることは、まだデイトレードを始めようか迷っている主婦トレーダーの方、今は信用取引口座を開くだけの資金が足りていない方にとって、大きな魅力です。 デモトレと併用して、チャートや板を見て、現物取引の少額トレードで練習してみましょう。

 

 

 

楽天証券の空売りプラン

パソコン

 

楽天証券の「いちにち信用」でも、他の証券会社では空売りできない銘柄も空売りできる

「特別空売り」というサービスがあります。

 

通常空売りできない新興市場で人気の銘柄や、IPO銘柄、調達が難しく、制度信用取引で空売りができない銘柄の空売りができます。

こちらも、その日によって、空売りができる銘柄、空売り料は変動します。

確認してから、売買するようにしましょう。

 

特別空売りの手数料も、通常の空売りと比べて手数料が高いことに注意してくださいね。

 

私は現在、発注ツールが使いやすいことと、

楽天でクロス取引をしているので、デイトレ口座と分けて考えたくて、メインを松井証券にしています。

 

空売りができる銘柄が多いので、楽天証券を使いたいのですが、なぜか私のパソコン、楽天の動きが遅いんです(泣)

電話して聞いたけれど、治らない…

 

ポイント

・金利、貸し株料(松井 1.8% 楽天1.8月)

・金利・貸し株料が0になる売買代金(松井 100万以上 楽天100万以上)

・楽天は、「いちにち定額コース」と「デイトレード割引」を併用して、100万まで現物取引でデイトレードの練習ができる

 

まだ信用取引口座を開設していない、初心者主婦の方が現物取引で練習をするのであれば、楽天の方がお得です。

さらに、松井証券を併用すれば、資金は分散されてしまいますが、現物取引で150万までの取引が可能です。

 

楽天証券での口座開設も視野に入れてみてくださいね。

 

次のページへ >

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
関連記事

Tags

-証券会社を選ぶ視点
-

© 2020 初心者主婦のためのデイトレブログ