メンタル管理

デイトレのメンタルコントロールに活かす、簡単マインドフルネスのすすめ

投稿日:2018年8月11日 更新日:

デイトレはメンタルコントロールが必要不可欠です。
というか、メンタルコントロールをしなくてもトレードができる状態になることが常勝トレーダーに近づく鍵になります。

そんなことは、誰でも分かっている。

それでもできないから誰もが苦しんでいます。

できない自分が苦しい。

悔しい。

分かっているけれど、できない自分を責める日々。

そんな自分の心を落ち着けるために、マインドフルネスを取り入れてみてはいかがでしょうか?

デイトレをしていると、誰もがメンタルコントロールの壁にぶち当たる。

 

デイトレは、一瞬の判断で明暗を分ける仕事です。

エントリーを躊躇したり、見逃して、乗り遅れてしまう。

次のチャンスを待っていたのに、めげて入り直しができない。

損切りを躊躇して、大きな下落に巻き込まれる。

はい、全て私の経験談です。

そんなことは、ルールがあっても、デイトレでは日常茶飯事。

その確率を減らしていくトレードを繰り返していくことを重要視していくことが大切なのに、

できないトレードが続くと、分かっていてもできなかった自分を受け入れられず、責める気持になります。

さらに、マイナス収支が続くと、苦しい日々が延々と続きます。

そして、勝てない自分をさらに潜在意識にすりこんでしまいます。

そうなってくると、さらにそこから抜け出すまで時間がかかります。

 

でも、常勝トレーダーさんのブログを読んでいると、淡々と勝った負けたと書いている方が多いです。

勝っても、負けても、前日のトレード、直前のトレードを引きずらない。

 

トータルプラスの手法を確立されていることが前提ではありますが、自分のトレードを淡々と実行できるからこその常勝トレーダーさんです。

一つ一つのトレードに一喜一憂しない、メンタルコントロールを整える技術として、マインドフルネスを取り入れてみてはいかがでしょうか?

私も、デイトレだけではなく、日々の生活の中で、実践中です。

 

マインドフルネスを知っていますか?

「マインドフルネス瞑想」は、Googleなど、世界的な企業で取り入れられるようになり、注目を浴びるきっかけとなりました。

瞑想というと、宗教的な要素が含まれている感じがしますが、もともとは仏教の教えではありますが、マインドフルネスは、宗教の枠を超えた心理療法といった捉え方でよいかと思います。

マインドフルネス瞑想をすることで、

「今、ここ」の現実にリアルタイムで、客観的に気づいている状態です。

過去に起こったこと、これから未来に起こることを、ネガティブにとらえることは人生の質を確実に下げてしまいます。

「今、ここ」を離れてしまい、プレッシャーに負けそうなとき、ストレスが大きくなっている時には、さらに深くネガティブの世界に入り込んでしまいそうになります。

私事ではありますが、超ネガティブが数か月続きました。

ようやく自分のトレードが落ち着いてできるようになり、明るい期待が持てるようになってきた時に、家庭の事情でメンタルをやられてしまいました。

その時の私は、これからの不安ばかり考えていました。

要するに、

今の現実が受け入れられず、起こってもいない不安を想像して、前ばかり見ていたのです。

今現在も、まだ本調子ではないのですが、気持ちは全く違います。
一山超えて心が前向きです♪

しかし、前傾姿勢でいすぎて、ダウンすることもあり、周りを心配させています。
今度は、夫と娘、友人を心配させないために、自分の心と向き合う時間を作るように意識しています。

今となっては病気になったことで、夫への理解が深まったことが、一番の収穫でした。

やりすぎ注意の私を常に心配してくれる家族がいてくれる喜び。

そして常に孤独を感じているデイトレから一歩踏み出し、ブログを書いてみようと思うきっかけにもなりました。

まだ根本的な問題は解決していないのですが、「雨降って地固まる」いい感じです♪

それは、「今、ここ」にある現実を、十分に受け止めた結果です。

不安を感じた時こそ、マインドフルネスをやってみて下さい。

 

「今、ここ」に集中して、マインドフルネスを行うと、冷静に今できることを客観的に考えられるようになります。

「今、ここ」に集中することで、結果としてポジティブに考えることができる状態に持っていくことにつながります。

 

デイトレでマインドフルネスを活かすには?

 

何冊か、マインドフルネスや瞑想の本を読んでいて、デイトレードで、株価の値動きに一喜一憂してしまう自分をコントロールする訓練の一つになるのでは?と考えました。

ポイント

・自分を客観視することで冷静な判断を取り戻す。

・過去の結果と、これからの結果に囚われずに「今、ここ」に集中してトレードをする。

「今、自分は損切りしようと考えている」

「利確する判断に迷っている」

「エントリーを躊躇している」

 

そんな自分自身の考えを客観視して、行動を変えていく訓練を常に続けていくことができれば、少しづつやるべきことができる自分を、潜在意識に刷り込んでいくことができます。

 

訓練を続けていくことで、「今、ここ」の現実に気づく回数を増やすことができ、気づく力をより高めていけることでしょう。

 

デイトレードは、一瞬の判断で明暗が分かれてしまう仕事です。

マインドフルネスを活用して、自分の行動を客観視ししてみませんか?

実は、瞑想、マインドフルネスについては、私自身の知識ではなく、夫から教わったことです。

何年もの間、自律神経失調症で辛い思いをしているのに、常に冷静な人です。

私も、メンタルコントロールについては、関心がある分野なので、何冊も本を読んでいるのですが、最近彼が紹介してくれた本が初心者にも分かりやすく、デイトレのメンタルコントロールに役立ちそうなのでご紹介します。

タイトル

 1日10秒マインドフルネス 

ねっ?

10秒なら、できそうではありませんか?

デイトレのメンタルコントロールに活かすマインドフルネスについてのまとめ

デイトレは、ある程度の環境と、技術を身につけてしまえば、すべて自分自身のメンタルコントロールと、日々の検証の中での手法の微調整にかかっています。

そして、それはすべての現役トレーダーの悩みでもあります。

私自身の悩みです。

マインドフルネスについて、関心を示されたのであれば、ぜひ取り入れてみて下さい。

デイトレもですが…

マインドフルネスは、全ての感情のコントロールに役立ちます。

私的には、子育てですかね。

「今、私は怒っている」

「今、私はイラついている」

と、ハッと気づいた時、深呼吸して10秒マインドフルネスに使う。

ちょっと冷静になって、「今、この瞬間の接し方」が、すこ~し変わってくるはずです。

 

主婦の毎日は忙しい!!!

子育てして、仕事もしていると、自分のために、30分も瞑想している時間が取れないのが現実です。

でも、10秒。

自分の行動を、客観視して「今、ここ」を感じるだけでも、行動は変わります。

 

夏休みの工作で、自動販売機作りをせがまれた時、あまりの難しさにイライラして一緒に楽しむことができなかった、自分への反省の念も込めて…

その時、娘に「いつもの、ママじゃない!」と言われました。

早く仕上げなきゃ!と未来見過ぎていました(汗)

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-メンタル管理
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.