用語解説、相場格言

私が、意識しているトレーダーの役に立つ、名言・格言

ファーストペンギンを目指せ

ファーストペンギン

「ファーストペンギン」とは、集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。

勇敢なペンギンのように、リスクを恐れず、挑戦すること。

 

「インベスターZ」という株式投資を題材にした漫画の中で、この言葉を知りました。

板を読んで、売り板に買い板をぶつけて、私の一押しで大きく株が動いた時には、

「ファーストペンギンになれた♪」

と、テンションが上がります。

 

もちろん、初動で買うのはリスクがあります。

でも、ファーストペンギンになりたい私は、ファーストペンギンになりたいと、リスクを取るようにしています。

ビビッてできない時もありますが…

 

今は、頭は狙う(的確なエントリーをする)けれど、しっぽは狙わないトレードを目指しています。

 

相場は相場に聞け

チャート

「相場は生きもの」といわれるだけに、相場は人が考えている通りには、なかなか動いてくれない。

自分が下した判断だからといって、それにこだわり過ぎると、大きな痛手を受けることになりかねない。

相場の行方は、相場だけが知っている。素直に相場の流れに従うべき。

 

ザラ場が始まるまでは、ギリギリまで自分の監視銘柄のチェックをしていますが、ザラ場中は、チャートの値動きのみでトレードをしています。

エントリーすると、自分の期待した方向に進むことを期待してしまいますが、逆方向に動く可能性もあって当たり前。

 

トレードをすればするほど、ザラ場中は考えるほど無駄だとわかりました。

相場の動きは、自分の思う通りに動くことはない。

とあきらめ、相場の方向が、自分の思惑と違った方向に進んだのなら、素直に従う。

 

自分の判断にこだわりすぎると起こること、それは「大きな損切りです」何度痛い目にあったかわかりません。

 

 

見切り千両

驚く女性

買った株が値下がりしたとき、言葉では言い表わせないほど、つらい。

自分を責め、損切りをせずに迷い始める。

そこで、どうするか?

多くの人は、自分の下した判断に未練を残し、株価が戻ることを期待してそのまま持ち続ける。

しかし、株価はなお下がり続ける一方で、ついにはとんでもない安値で投げざるを得ない羽目に陥る。

そして、「少しくらいの損なら、さっさと売っておけばよかった」と後悔することになる。

 

「損切りができない」トレーダーのあるあるだわ…

株価が戻ることを期待して、損切りができないと、生き残っていくことはできないということを、よく表している格言ですね。

確かに、戻ってきて助かることはあるかもしれません。

でも、それに味を占めてしまうと、必ず負ける時がきます。




備えあれば、迷いなし

メガネの女性

トレードで最も大切なことは、売買に際しての確固たる自信と決断。

少しでも迷いがあってはいけない。

基盤が軟弱であれば、ちょっとしたことにも動揺しやすくなる。

ゆるぎない心の備えを固めておくことが大切。

 

デイトレーダーは、話題になっている銘柄や関連株、ランキングを見て、その日上昇している銘柄、下落している銘柄、急騰した銘柄を売買している方が多いです。

それで勝てているのは、本当にすごいことですし、旬の株に乗ってデイトレードをすることは、本来の姿かもしれません。

 

でも、私自身は、自分の監視銘柄を最優先させています。

ランキングを見るのは、自分の監視銘柄のトレードを終えてから。

私は、ビビりトレーダーなので、瞬時にランキングで判断して乗っていくのが苦手なのです。

監視銘柄でのトレードの方が、安心してトレードができます。

 

前日までの日足を監視することの利点は、それだけで優位性が増すということです。

 

 これぞ、「備えあれば迷いなし」

備えておけば、デイトレードでの迷いは軽減されます。

 

山高ければ谷深し

下げるチャート

動きがあればその反動は大きい。

人気が過熱気味で上に行き過ぎたときには、その下げもきつい。高い相場があればその後にくる下げは、それだけ大きい。

 

「行き過ぎもまた相場」という格言もあります。

これ以上株価が高くなるはずはないと判断しても、株価はこの予想を上回ってしまう。

反面、行き過ぎがあれば、その分の反動を、覚悟しなければいけません。

 

日足で、イナゴトレーダーのチャートをよく見ますが、デイトレの中でもよくあります。

株価の騰がる勢いは、急激な場合もありますが、少しづつ上げていくこともあります。

しかし、下がる勢いは、驚くほどに速い!

 

特に、マザーズ銘柄は、

「ぎゃ~っ!」

と叫びたくなるほど一気に下がります。

 

何度そんな場面を見てきたことでしょう。

日足で、連日ストップ安の銘柄を見つけると、ぞっとしますね。

 

「山高ければ、谷深し」

トレードをしていると、急落は避けられません。

 

できる限り急落を回避するためにも、初動に乗り、「しっぽはくれてやれ」の気持ちで、

自分が上がりすぎていると直感で思ったチャートにはエントリーしないように心がけましょう。

 

それでも、やられるときはやられちゃう…(涙)

 

 

二度に買うべし、二度に売るべし

自分の判断が本当に正しいかどうかは、結果を見てみなければ分からない。

買ってみるか、売ってみるかして、さてどういう結果が出るか?つまり打診をして、自分の判断の当否を確かめてみてはどうか。

その結果、予想通りであることが分かったら、そこで初めて本格出動してもまだ十分に間に合うはず。

一度にどっと出ていって失敗することを考えれば、このくらいの手間ヒマは惜しむに価しない。

いわば、石橋を叩いて渡るがごとき慎重さが、株式投資には何よりも必要となる。

 

サインが出て、エントリーをする時、打診買いをすることがあります。

100株だけ買ってみて、自分の思い通りの方向に行くのを確認してから、さらに増し玉をする。

 

逆に、「この位置では、下がる可能性もあるかも?」と考える時も、100株だけ買ってみて、下がればナンピンで買い増し。

ナンピンダメと言いますが、ナンピンも、計画的にやるのであれば、決して悪い手法ではありません。

 

利確も一緒、一部だけ利確して、残りは頑張って握りしめる。

 

手ごたえを感じたのなら、行動しないよりはした方が後悔は少ないです。




次のページへ >

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
関連記事

Tags

-用語解説、相場格言
-

© 2021 初心者主婦のためのデイトレブログ