証券会社を選ぶ視点

ネット証券の選び方。手数料、その他の注目点とは?

投稿日:2018年6月30日 更新日:

証券会社の選び方で重要なのは、開設した後、

自分が使いやすいように、カスタマイズすることです。

 

それぞれの証券会社には、特徴があります。

その中で、自分の投資法に合わせて、使いたい部分を厳選し、いいとこどりをするのです。

 

では、選ぶときの基準は、何でしょうか?

ポイント

・手数料

・システムツールの使い勝手

・情報提供の内容

・取扱商品

 

一つづつ、ポイントを確認していきましょう。

1.証券会社の手数料を確認する

貯金

 

1.手数料は、価格帯によって全く違う

ネット証券は、総合証券と比較すると、どの証券会社も手数料は格安です。

しかし、その中でも、安いところもあれば比較的高いところもあります。

 

とにかく手数料が安い証券会社を選ぶことが重要です。

 

手数料は、買う時も売る時もかかってきます。

ほんのちょっとの差が、月額や年額にすると、大きな差となってきます。

 

その差が出てくるのが、価格帯です。
一日の売買が、10万円以下なら、手数料が無料という証券会社もあります。

 

・5万円以下の株を買って、その日のうちに5万円以下で売れば、10万円以内なので、手数料は無料です。

・10万円以下の株を買って、次の日以降に株を10万以下で売れば、10万円以内なので、手数料は無料です。

 

どんな投資法をするのか、どれくらいの資金を投入するかによって、選ぶべき証券会社が変わってきます。

 

 

私の失敗談。

ある証券会社で、50万をちょっと超えた株を、クロス取引しました。

手数料をしっかり確認していなかったら、他のネット証券の、倍額近くの手数料がかかってしまいました。

 

私、こういったミスが多いんです。

これからクロス取引やスイングトレードをされる方は、手数料に気をつけてくださいね。

 

 

2.手数料は、同じ証券会社のなかでも、選ぶプランによって変わってくる

同じネット証券の中でも、選ぶプランによって手数料が変わってきます。

 

ポイント

・売買ごとに手数料がかかるシステム

・一日での売買に一定料金がかかる定額システム

があります。

 

・デイトレードは、

一日に何回もトレードをするので、一日での売買に一定料金がかかる定額システムを利用します。



松井証券は、一日信用取引を使えば、その日のうちに売買が成立するのであれば、何度取引しても手数料が無料です。

なので、松井証券でデイトレをするトレーダーさんは多いですね。

 

・スイングトレード、中長期投資など、一日に何度も売買することがないのなら、売買ごとに手数料がかかるシステムを利用します。

ひんぱんに売買することなく、数日保有する可能性が高いからです。

 

・優待のクロス取引で、一日に多くの銘柄を売買することになるのなら、日ごろは売買ごとにかかるプランを利用して、多く取引をする時だけ、定額プランに切り替えるという方法もあります。

 

私は、売買している証券会社の手数料を、いつでも見られるように、パソコンに貼って、使い分けています。

 

トレードにかかるコストを抑えれば、その分利益が増えるので、売買金額やトレード方法によって、使い分けるといいですね。

 

 

2.証券会社のトレードシステムツールは、各社によって使い勝手が全く違う

トレードのヒント

トレードツールの使い勝手で、トレードの成績が左右される。

 

デイトレでは、ネット証券で提供されているツールを使います。

ツールを使わなければ、デイトレはできません。

自分に使いやすいツールを提供しているネット証券を選びましょう。

 

ツールの使い勝手は、大変重要です。

私自身も、多数の証券会社を使い分けています。

 

この証券会社は、板注文がしやすい

この証券会社は、チャートが見やすい

この証券会社は、フル板(全部の板の売買)が見られる

この証券会社は、ランキングが分かりやすい

 

など、使ってみると分かるのですが、証券会社によって、使い勝手は、全く違います。

 

こればかりは、自分に合っている、合っていないは、使ってみなければ分かりません。

私自身、何度も何度も試行錯誤を繰り返しています。

 

このブログを書き始めたころ、ツールはSBI証券カブドットコム証券、発注は、松井証券でした。

今は、違います。

 

常に試行錯誤しているので、また変わるかもしれません。

手に持ったパソコンのイラスト
私が使っているネット証券。証券会社は、自分の投資スタイルで選ぼう

数あるネット証券の中で、どの証券会社を選ぶべきでしょうか? 答えは簡単。 自分の投資スタイルに合った証券会社を選択することです    当たり前のことかもしれませんが、買い物をする時の自分に置 ...

続きを見る

 

 

3.証券会社の提供する情報提供の内容、情報が取得しやすいことも大事。

パソコンで探す

自分の知りたい情報が、その証券会社にあるかどうか?

 

自分の知りたい情報を提供しているかどうかもかなり重要です。

 

私は、監視銘柄を入れ替えるときに、ランキングを確認したり、スクリーニングをします。

スクリーニングとは、条件を設定し、それに当てはまる企業を探すという検索機能です。

これで、ボラティリティの高い銘柄を探しています。

 

他にも、情報取得で考えると、

 

松井証券の、デイトレ適正ランキングが使えます。

今、旬の銘柄が簡単に探せます。

 

株主優待の銘柄を探しやすいのは、断然SBI証券ですね。

 

マネックス証券のメール配信も好きです。

 

証券会社によって、情報提供の内容、取得のしやすさは、全く違います。

 

各証券会社の良いところを上手に利用しながら、トレードに活かしていくといいと思います。

自分に必要な情報を提供している証券会社の口座は、必ず開設しましょう。

 

 

一つに絞る必要はない。各証券会社のいいとこどりをするべき。

パソコンをする女性

 

何度もお伝えしていますが、証券会社によって強みが違います。

各ネット証券会社のどこに魅力を感じるのかは、人によってそれぞれです。

 

参考までに、一部ですが、私が各証券会社に魅力を感じた理由をあげてみます。

 

松井証券が、デイトレで外せないのは、手数料無料と、プレミアム空売りができるところ、ツールの使いやすさなどに魅力を感じています。

 

SBI証券は、投資信託でポイントを貯めること、クロス取引ができること、情報取得がしやすいことなどに魅力を感じています。

 

GMOクリック証券は、株式を保有していると、手数料をキャッシュバックしてくれ、クロス取引に利用できることに魅力を感じています。

 

カブドットコム証券は、抜群にチャートが見やすいことと、監視銘柄探しをする時の使い勝手の良さに、魅力を感じています。

 

 

手数料以外の点にも、着目してみて下さい。

証券会社を使い分けることは、トレードを続けていくために、大変重要なことです。

 

 

「ネット証券の選び方とは?」のまとめ

パソコン先生

 

デイトレードで発注する際、手数料が有利な証券会社(松井証券か楽天証券)は決まってるので、そこははっきりとお伝えすることができますが、

ツールの使い勝手については、自分の使いやすさにとことんこだわりましょう。

 

私は、デイトレを始めたころ、SBI証券で監視銘柄チェックをしていましたが、時間がかかるばかりで向いていませんでした。

カブドットコム証券に変えてから、監視銘柄の管理と、チェックが抜群に楽になりました。

 

この記事を読んでいるトレーダーさんの中には、

 

「SBI証券で十分だよ。」

「松井証券の方がいいよ。」

「楽天証券以外ないよね」と、思っている方もいらっしゃると思います。

 

だって、誰だって自分が使っているものが一番いいと思いたいですもん(笑)

 

私も、自分が使っているからこそ分かる証券会社の良さやツールの使い勝手の良さを一番に押しますが、基本的には、いろいろお試ししてみるべきだと考えています。

情報をもらうためだけに開設している口座もあります。

 

各証券会社のいいとこどりをして、自分のトレードスタイルに合った証券会社を選んでください。

 

複数口座を持つデメリットは、資金がばらけるので、資金をきちんと管理する必要があることです。



ここは、賢い主婦の管理の見せ所です!!

 

トレードではなく、投資を始めるだけでしたら、まずは一社で十分。

主婦デイトレーダーさんは、数社口座を開設してみて、自分に合った証券会社を選びましょう。

 

初心者主婦が投資とデイトレの両方を始めるのなら、必須は間違いなく、松井証券SBI証券です。

 

ツールの使い勝手については、その人によります。

必ず、試行錯誤すべきです。

 

自分流に、ツールの使い勝手の良さを試行錯誤することは、デイトレーダーの仕事の一つだと考えましょう。
関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-証券会社を選ぶ視点
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2019 All Rights Reserved.