チャートの見方

監視銘柄チェックでチャートを探す時はシンプルに「形」を見つけよう

投稿日:2018年10月16日 更新日:

監視員

私は、その日の値動きだけでなく、自分の監視銘柄の日足、週足など、上位のチャートをチェックして、当日のデイトレをしています。

私にとって、監視銘柄のチェックは何より欠かせない作業の一つです。

デイトレは、細かい利幅を狙うので、値動きがなければ利益を得ることはできません。

値動きがある銘柄は、「その日、注目される確率が高い銘柄」です。

毎日監視することで、注目される確率が高い銘柄を見つけます。

私が当日上がる(下がる)可能性のある銘柄で監視銘柄として注目しているのは、チャートの「形」です。

デイトレ候補銘柄のチャートは形で確認する。

 

月足、週足、日足、日中足、すべてのチャートに言えることですが、チャートは「形」で見ます。

自分のトレード手法にあった「形」というのがあります。

まずは、それを見つけることから、トレードはスタートします。

 

過去のトレードを検証して、「同じ形のものを探していきます」

子どもが同じ形をはめ込むパズルを探しているといったイメージが一番近いように思います。

毎日監視銘柄をチェックしています。

この時間が、一番大切な時間です。

その日まだ出発していなくて、もみ合い中でも、次の日、もしくはその次の日、またまたその次の日、ずっと監視し続けます。

 

毎日チェックしているので、そろそろ高値抜けしそうな動きをする可能性が高いなというのが「形」を見て分かってきます。

この銘柄は、下値抜けしそうだなというのが、「形」を見て判断できるようになってきます。

 

その「形」に合ったものを当日監視銘柄候補にどんどん振り込んでいきます。

「形」が違ったら対象外なので、即除外です。

 

リズムに乗るように、チャートをちゃっちゃっちゃとチェックし、「形」にあった銘柄が見つかったら、どんどん別ファイルに入れています。

私の場合ですが、「買い」「買い2軍(多すぎる場合)」「売り」「両方目線」という四つのファイルを作っています。

 

デイトレーダーが好む銘柄も、監視銘柄に入れています。
それ以外にも、値動きがそれなりにありそうな銘柄や、今までトレードをしてきて自分好みの動きをする銘柄も入れてあります。

好みの銘柄をどんどん監視銘柄に入れて、「もういいや~」と思った銘柄はどんどん監視銘柄から外しています。

 

銘柄探しは、最初は大変です。

でも、チャートの「形」が見えてくると、必ず探せるようになります。

「いい形見~つけた!」

と、宝探し気分で、探せるようになってきます。

そして、初動に乗る確率を上げることができます。

 

なぜ「形」なのか?

パズル

それは、「こうなればこうなる可能性があるだろう」をいうパターンは、今も昔もそれほど変わらないからです。

これこそ、「チャートをシンプルに見る」という意味につながります。

狙うパターンはそれほど多くはありません。

私のトレードを見ていただけると分かると思うのですが、

「三角持ち合い」「上値抵抗線越え」「下値抵抗線抜け」「MA上抜け」「オーバーシュートしている銘柄のもみ合いぬけ」など、超シンプルです。

毎日監視していると、徐々に動きが小さくなり、三角持ち合いを形成したり、

上値抵抗線がきれいに引けたり、

MAの下でもみ合って、抜けそうになっていることに気がついたりできるようになってきます。

 「銘柄の変化に気が付くための監視です」

私は、今は、午前中しかトレードをしないので、「今日こそは、抜けそう」と思っていた銘柄が、午後に上げて悲しい思いをすることもあります。

それはそういうスタイルを選んだのですから、割り切っています。

それでも、午前中から上げている銘柄の初動に乗って、午後からも上げていくこともありますし、監視している安心感って大きいです。

初心者主婦の方に分かりやすい形を、今後もコツコツ紹介できればと考えています。

でも、一番手本となるのは、自分の成功体験のトレードです。

 

自分が明らかに成功した、失敗したトレードの日足と5分足を印刷して書き込みをしておくことをお勧めします。

その形を、覚えて、自分がチェックした銘柄と比較してみることがマイルールへの近道ですね。




監視銘柄チェックでチャートを探す時はシンプルに「形」を見つけようのまとめ

並んだ三角

監視銘柄で、シンプルに形を見て、下調べをしておくと、瞬発力がなくても、デイトレができます。

手間をかけた分、優位性を増すことができるからです。

大切なことは、

過去のトレードを検証して「同じ形のものを探していくこと」です。

自分の経験が一番ですが、チャートの形が分かっていないと探すことも困難です。

 

初めのころ、「きれいな三角~♪」って言われても、私には分かりませんでした。

「どこが三角?」って思っていました(笑)

今は、きれいな三角を見つけると、宝物を見つけた気持ちになります。

初心者主婦トレーダーの方は、「チャートでお宝発見!」からがスタートですね。

 

「形」を知るのは、チャート本などからで十分です。

まずは、優位性のある形をいろいろ見て、頭にインプットしていくといいかと思います。

そして、それと同じ形のものを、実際のチャートからひたすら探していく。

シンプルにチャートを見るためには、ロウソク足と移動平均線の関係性のみで十分です。

チャート
初心者トーレーダは、まずチャートをシンプルに見る目を養おう

初心者デイトレーダーの方が、まず初めに迷うこと。 それは、チャートの見方とデイトレのやり方を理解しがたいということです。 その中でも、大切なのはチャートの見方です。 これから始めようとする際、まずは本 ...

続きを見る

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-チャートの見方
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.