投資信託(NISA・iDeCo)

我が家の、つみたてNISA、iDeCoでの目的と内訳を公開します

投稿日:2018年10月7日 更新日:

積み立て

我が家は、SBI証券で夫の口座と私の口座を設立し、つみたてNISAをしています。

私は、iDeCo口座も開設しています。

我が家のつみたてNISAやiDeCoを利用した家計管理がお役に立てればと、公開することにしました。

これから「iDeCo」や「つみたてNISA」を始めようと考えられている株初心者主婦の方に、私の考え方が参考になるのであれば、嬉しいです。

我が家の長期運用は、つみたてNISA、iDeCo、企業型確定拠出年金のマッチング拠出です。

まずは、夫婦でつみたてNISAの枠を使い切る

我が家は、SBI証券で夫の口座と私の口座を開設し、つみたてNISAをしています。

月々3万円入金して、ボーナス払い2万円、限度額分(40万)まで入金します。

一度設定してしまえば、後は自動で調整してくれるので、楽です。

つみたてNISAがないときは、NISAで投信積立をしていましたが、株式優待と積み立て投信合わせても、

二人合わせて年間240万円もの枠、我が家のような一般家庭では、使い切ることなんて、とてもできません。

 

つみたてNISAが始まってから、まずは夫の口座をつみたてNISAに変更しました。

今まで、月々5万円を夫枠で積み立てていたので、

SBIポイント(積立額が10000万を超えるとポイントが2倍になる)を考えると、夫の口座で投資信託を増やす金額が減ることは残念ですが、全部の枠は使い切れないし、NISAと違って、最長20年間非課税で投資できるメリットは大きいので、即決で、つみたてNISAに変更しました。

私の枠は、株主優待に使っていたので、とりあえず今年の枠を優待と投信積立で使い切って、来年(2019年)からつみたてNISAにする手続きをしました。

 

我が家がNISAからつみたてNISAに変更した理由

・我が家のような一般家庭では、年間240万円ものNISA枠を使い切ることはできない。

・20年間という長期運用でコツコツ積み立てていくことができるので、株価の大きな波を小さくすることができ、リスクを軽減できる可能性がある。

・配当金や優待目的でNISA口座を使うことは有効だが、長期運用の視点で考えた場合、つみたてNISAの方が我が家に向いていると考えた。

・夫の退職の年齢を考えると、つみたてNISAの方が、定年後も長期で運用が可能。

 

企業型確定拠出年金制度にマッチング拠出をプラスする

夫の会社は、企業型確定拠出年金制度があります。

企業年金制度+企業型確定拠出年金という会社です。

iDeCoの利用はできません。

 

その代わり、会社にマッチング拠出という制度があります。

マッチング拠出とは、企業と一緒に、従業員が個人的に積立金を拠出できる制度です。

 

金額はそれほど多くありませんが、

税制優遇を考えると確定拠出年金は、限度額いっぱいまで使うべきです

少しでも、税制優遇を受けるために、企業型確定拠出年金にプラスして、限度額いっぱいまでマッチング拠出で積立をしています。

旦那様の会社で、企業型確定拠出年金制度がある方は、マッチング拠出ができるのか、ぜひ確認してみて下さいね。

 

旦那様やご自身が個人事業主、会社に確定初出年金制度がない、公務員の方などは、つみたてNISAよりも、まずはiDeCoの利用が最優先です。

税金優遇が全く違います!!!!

 

専業主婦で、税制面での優遇はないですが、私もiDeCoに加入しました

2017年から専業主婦、103万円までのパート主婦もiDeCoに加入できるようになったので、利用するか迷いましたが、今年からiDeCoに加入しました。

迷った理由は、専業主婦は、所得控除が使えないので、メリットが薄いと感じていたからです。

計算する女性
主婦がiDeCoやつみたてNISAをするメリットとデメリットとは?

私は、現在自分の口座で、「つみたてNISA」と「 iDeCo」で長期運用をしています。 税制優遇が少ない専業主婦が、投信積立で、長期運用する際の、注意点と私の考えをまとめてみました。 主婦が、iDeC ...

続きを見る

 

それでも、iDeCo加入を決めた理由は、

・私のつみたてNISA枠は、自分たちの年金ではなく、娘の学費の積み立てと考えている。

・少しでも、有利ならば、iDeCoの税制優遇枠も利用すべきなのではないか?

・自分年金をもう少し貯めたい。年金として使わなくても、娘や自分たちのために先取貯蓄をしたい。それならば、つみたてNISAと同様、運用益に税金(本来なら20.315%税金がかかります)のかからないiDeCoを利用するメリットはある。

と、考えたからです。

iDeCoをはじめるのでしたら、「ひふみ年金」もできるSBI証券をご検討下さい。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

我が家の投信積立の内訳

家計簿

というわけで、2018年12月現在の我が家の積立投信状況です。

今後、税制の変更と共に運用方針を変えていく可能性もあることをご理解の上、参考程度にとどめておいてくださいね。

夫分「つみたてNISA」 月々3万円(老後資金積み立て)

夫の「マッチング拠出」 月々5千円ほど(老後資金積み立て)

私分「つみたてNISA」 月々3万円(娘の学費積み立て)

私の「iDeCo」 月々2万円(老後資金積み立て、娘に渡すかもしれない資金)

といった具合です。

 

我が家が、投資で優遇を受けられるのは、ジュニアNISAを除いてこれが限度額ほぼいっぱいいっぱいです。

毎月これだけの額を貯蓄していくのは、金額的に多く感じる方もいらっしゃるかと思います。

我が家は、娘の学資保険をしていません。

保険と貯蓄を別々に考えているからです。

保険額は、一般のご家庭よりかなり少ないので、投信積立の掛け金も多めにかけることができます。

無理なく貯蓄できるよう、児童手当、税金の還付、臨時収入なども使わないようにして、積立に使っています。

赤ちゃんのイラスト
我が家が、あえてジュニアNISA口座を開設しなかった理由とは?

投資で、子どものための資金を貯蓄していく方法の一つとして、「ジュニアNISA」という選択肢があります。 NISA、つみたてNIASと同じく、株の非課税メリットを活かすことができる制度です。 しかし、我 ...

続きを見る

 

注意:これは、我が家の場合です。

注意

老後資金5.5万ですが、私達は結婚が遅く、投資信託を始めたのも遅かったので、この金額になりました。

最初に、100万投資信託に資金を入れて、途中ボーナスで足したりもしています。

このまま積立投信を続けていけば、老後資金は大丈夫というめどがついたので、今は積立投信は、NISAとiDeCoの範囲内のみです。

 

夫は、49歳です。私は45歳です。

始めたのは、夫が40歳になったころです。

積立投信を始めるには、年齢的には遅い方かと思います。

早く始めれば始めるほど、長期で運用できるので、リスクも軽減され、月々の投資金額も少なくなります。

 

20代、30代の方は、老後資金より、自分への投資を考えてみませんか?

もし、あなたが、独身、まだ結婚したての20代、30代ならば、最初から大きな金額を老後資金として積み立てるよりも、

・家を買う予定があるのなら、住宅ローンを減らすために家を買う頭金を貯める。

・自分のスキルを上げるために、自分に投資をする。

という考え方の方が先だと考えます。

 

「守りに入るのは、20代ではまだまだ早い!」

「30代になってから、始めようかな~?でも全く遅くない!」と、個人的には思います。

 

その年代にしかできないことを楽しみましょう!

私は、独身時代、低予算で旅行行きまくりましたよ~(笑)

「まずは自分自身に、投資です」

そして、少額からでいいので、積立投信や株主優待、高配当株などで「お金に働いてもらう」仕組みについて勉強してみるという考え方でいいかと思います。

そして、ぜひトレードに挑戦してください♪

 

私と同世代の方、今からでも投資は遅くありません。

もし、あなたが私と同世代、それ以上の世代でも、今から真剣に投資やトレードと向き合うのであれば、決して遅くはありません。

国の年金だけで生活していくことは、不可能です。

つみたてNISAやiDeCoなど、国の制度の利用を今すぐ検討してみて下さい。

 

正し注意点が一つ。

55歳くらいの方で、老後資金の準備を考えている方は、「iDeCo」よりも「つみたてNISA」を検討しましょう。

iDeCoの掛け金を拠出できるのは、60歳までなので、新たに加入しても最長5年しかありません。

5年しかないのなら、長期運用のメリットが少なく、株式などで運用すると、5年の間に大きく株式市場が落ち込んだ時に、資金を減らす可能性になるというリスクが生じます。

つみたてNISAの運用は、最長20年です。

積立期間が長くなる方が、リスクが軽減されますし、老後の資金として税制優遇を受けながら退職後も積み立てていくのであれば、iDeCoよりも長く運用ができます

しかも、途中でやめることも可能です。

 

もし、今現在、老後に不安を感じていらっしゃるのなら、

・今の生活スタイルでも、「老後続けていくことができるのか?」を真剣に考え、将来のライフプランについて考えてみる。

そして、老後に不安があれば、生活スタイルを改善、縮小する。

・老後も働こうではなく、老後に向けて今からもっと働こうという考えに切り替え、将来について考える。

・お金にも働いてもらう仕組みについて、勉強する。

それだけで、自分自身の考え方が変わってくると考えます。

 

iDeCoやつみたてNISAを今からされるのなら、ネット証券一択です。

SBI証券なら間違いありません。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券




我が家の、つみたてNISA、iDeCoでの目的と内訳を公開しますのまとめ

手に家を持つ

我が家の貯蓄と投資信託事情について、お話ししました。

金額的には、結構無理しています。

それでも、先取していれば、その中で生活しようとする意識ができます。

老後も、その中で生活しようとします。

私は老後資金だけではなく、家計管理の中でも先取振り分けをしているのですが、先取りを身につけてよかったと思っています。

先に取っておいた資金があると、使いたいときに、安心して使うことができます。

 

アリとキリギリスではありませんが、アリ体質でいることで、いざという時に贅沢できるキリギリスになれます。

 

夫が働けなくなった時に私が言いました。

「うちには引き出しやすい現金があるから大丈夫!」

 

私が、デイトレできない時に同じことを言われました。

「そんなに焦らなくても、何とかなるんだから。」

 

大きなリスクを抱えている我が家ならではの考え方かもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。

 

家計を管理して、リスクに強い家庭を目指しましょう。

私が行ってよかった、女性限定の初心者向け投資セミナーです。

参考までにレビューを読んでみて下さいね。判断はお任せします。

講演する女性
無料は怪しい?怪しくない?スクロールマネーセミナーに参加してきました

スクロール(8005)は、東証1部に上場している会社です。 生協をされている方は、通販カタログやインターネットサイトでご存知の方も多いのではないでしょうか? 女性限定で、マネーセミナーを開催しています ...

続きを見る

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-投資信託(NISA・iDeCo)
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2019 All Rights Reserved.