主婦トレーダー

主婦トレーダーが注意すべき、株の税金と大きな税メリットについて

投稿日:2018年6月5日 更新日:

主婦トレーダーが注意すべき、税金対策について解説します。

難しく考えると分かりづらくなるので、できる限り、簡単に説明しましょう。

私は、夫が会社員の専業主婦です。

パートで保育士をしていますが、ほとんど週末のみなので、その収入は夫の扶養から外れる金額ではありません。

主婦トレーダの税金対策は、結論から言うと、「特定口座(源泉徴収あり)」をおすすめしますが、その理由と、場合によっては他の方法が良い場合もありますので、

税金について確認していきましょう。

株式投資にかかる税金について

お金

 

株式投資にかかる税金について

株式投資にかかる税金として、

キャピタルゲインインカムゲインがあります。

インカムゲインは、資産を所有していることで得られる配当や利子のこと。


株式を継続して保有することで、安定的、継続的に受け取ることのできる収入なので、不労所得とも呼ばれます。

 

キャピタルゲインは、資産を売買することによって生じる利益のこと。


例えば、株価10万円で購入した株式が、15万円になった時に売却した場合、差額5万円(手数料等除く)が、キャピタルゲインになります。

反対に、売却することによって損失差額が出た場合はキャピタルロスと言います。

 

株式で設けた税金は、利益に対して20.315%かかります。

内訳は、所得税が15%、住民税が5%、特別復興所得税 0.315%です。

キャピタルゲインで5万円利益を得た場合、5万円に税金が発生します。

 

50000円(利益)×20.315%=10157円が税金、

50000円(利益)ー10157)円(税金)=39843円

39843円が利益として手元に残ります

 

税金額、恐るべし!

利益に対して、約2割の税金が引かれると考えておくと、分かりやすいでしょう。

 

税金の支払い方法について

税金の支払い方として、

 

一般口座

特定口座(源泉徴収なし)

特定口座(源泉徴収あり)

の三種類があります。

 

「一般口座」と「特定口座」の違いは、年間報告書という書類を証券会社が作ってくれるか、自分で作るかの違いです。

年間報告書とは、証券会社ごとに収入金額取得費などを記入する書類ですが、作るのは大変なので、「特定口座」をおすすめします。

 

特定口座、源泉徴収ありとなしの違いとは?

源泉徴収ありとなしの違いは、証券会社が自動で税金を計算して利益から差し引いてくれるか、
自分で確定申告するかの違い。

 

特定口座(源泉徴収あり) 簡単に確定申告ができるように、証券会社が年間取引報告書を準備してくれる。確定申告しなくても、証券会社が計算して差し引いてくれる。

特定口座(源泉徴収なし) 簡単に確定申告ができるように、証券会社が年間取引報告書を準備してくれるが、自分で確定申告が必要。

 

源泉徴収ありの場合、

証券会社が取引で利益が出るたびに、税金分を差し引いて税金を納めてくれるので、年度末に確定申告に行く必要がありません。

 

確定申告に行くわずらわしさを考えると、特別口座(源泉徴収あり)がおすすめです。

 

ただし、源泉徴収ありの場合、税金で損をする可能性があるので、要注意!

対策法としては、以下のことができます。

 

複数の証券会社の損益を計算して節税する(損益通算)

 

特定口座(源泉徴収あり)の場合、

一方の証券会社で取り扱った株式で損失が出ていても、他の証券会社で利益が出た株を売却した時には、自動的に税金が引かれます。

 

複数の証券会社を利用し、一方で利益が出ていて、一方で損失が出ている時、確定申告することで、利益と損失を相殺することができ、節税ができます。

確定申告をしないと、本来払わなくてもよい税金を利益が出ている口座から取られることになります。

 

これを損益通算と言い、確定申告をすることによって、税金が戻ってきます。

 

 

株で損をした場合、確定申告すれば節税できる(繰越控除)

 

株は毎年勝てる保証はありません。年間を通して、損をすることもあります。

もし年間を通して損失を出した場合、その損失分を、翌年度から3年間に渡り、次の年の利益から引くことができます。

 

このことを繰越控除といいます。

 

確定申告をすることで、次の年の利益を減らし、税金を減らすことができるのです。

損失を差し引き、差額の利益にのみに課税されます。

年間で損失が出てしまった場合は、確定申告をすることで、節税対策になります。

 

ただし、損益通算も、繰越控除もすべて自分で手続きする必要があります。

証券会社は、年間の報告書を出してくれますが、税金の手続きは行ってくれません。

特に、繰り越し控除の場合は、次の年に株をしていなくても、毎年確定申告に行くことを忘れないようにしましょう。

 


主婦トレーダーには、特別控除(源泉徴収あり)をおすすめするの)はなぜか?

扶養控除の上限を大きく超えられる

主婦トレーダーにとっての優位性と魅力でもお話ししましたが、主婦トレーダーの魅力は、

配偶者控除の枠を超えて、株式投資で収入を得る可能性があることです。

 

扶養控除の枠を超えて、主婦トレーダーを目指すのなら、特別口座(源泉徴収あり)の一択です。

一般口座や、特別口座(源泉徴収なし)にしていて、株式投資で38万を超える利益を得た場合、確定申告をします。

 

38万円を超える場合は、扶養から外れてしまいます。

特別口座(源泉徴収あり)を使って株式取引をしている方は、株でいくら利益を出しても配偶者や扶養から抜けることはありません。

 

源泉徴収された利益は、所得金額の計算から除外されるからです。

利益が100万出ようが、

1000万出ようが、

1億出ようが、大丈夫です(笑)

 

ただし、注意する点があります。

何らかの理由で確定申告をすることになった場合は、合計した所得金額によって、配偶者控除の枠から抜けてしまう可能性があります。

 

損益通算をするために確定申告をした場合、繰越控除をして年間利益が38万を超えてしまった場合などです。

 

株の利益は給与(パート収入など)と合わせて計算することになります。その合計所得金額が38万円を超えると、配偶者控除から外れます。

私は、パート収入もあるので、確定申告をしない選択をしています。

 

年間、株の利益を38万を超えたいと、考えている主婦トレーダーの皆さんは、特別控除(源泉徴収あり)を選びましょう。 

 

 

初めは、38万円の枠を超えずに、トレードしようと考えている方の税金対策とは?

主婦トレーダーの方の中には、

初めは38万を超えるような利益を出すことができないんじゃないの?

と考えている方がいらっしゃると思います。

 

特別口座(源泉徴収なし)、一般口座を選択して取引した場合についても考えてみましょう。

こちらのメリットは、

年間38万以下の利益を得ても、税金がかかりません。一方で、特別口座(源泉徴取あり)の口座の場合は、7万円もの税金を払うことになります。

主婦にとっての7万円って、大きいですよね。

ランチに、いっぱい行けます(笑)

 

特定口座(源泉徴収あり)では、取引ごとに利益が出れば税金を納めるので、年間利益が36万円に満たなくても税金を払うことになるからです。

 

・トレードを始めたばかりの初心者主婦トレーダーの方

・インカムゲイン、キャピタルゲインを合わせて、年間36万を超えないだろうと考えている方

は、特定口座(源泉徴収なし)を選択するという考え方は、ありだと思います。

 

 

特別口座(源泉徴収なし)、一般口座を選んだ場合の注意点の確認

・収入が株のみの場合、株での利益を38万を超えないようにする。

超えると確定申告をして、配偶者控除から外されます。

 

・38万を超えたとしても、76万円未満なら「配偶者特別控除」を受けることができますが、旦那様の収入によって配偶者特別控除額も減っていきます。

株の利益が増えていくことで、夫の控除額が減っていくので、損はあっても得はありません。

 

・株とパート収入の場合、株の利益は給与所得控除のような特別な控除ではないので、株の利益がそのまま所得になります

株の利益を38万円以内に抑えても、パート収入と合わせて103万円を超えてしまうと扶養から外れます。

 

株の利益は給与と合わせて計算することになります。その合計所得金額が38万円を超えると、配偶者の扶養から外れます。

源泉徴収ありを選ばない場合、扶養内に収めるのなら、下の計算表を常に意識し、収支日記をつけましょう。

 

パート収入+株の利益(38万円以下)=103万円以下




「主婦トレーダーが注意すべき、株の税金と大きな税メリット」についてのまとめ

家計管理

主婦トレーダーの税金対策について、考えてみました。

私にわかる範囲の説明ですが、税金対策について、理解していただけましたでしょうか?

 

私は最初、どの口座を選択すれば良いか全くわかりませんでした。

ただ、証券口座開設時に、特別口座(源泉徴収あり)がおすすめと書かれているからそうしただけです。

 

株式について理解を深めていくにつれて、38万も無理だから、源泉徴収なしに変更しようかとも考えました。

繰越控除も考えました。

 

最初は利益を得るどころか、損続きだったので、今思うと特別口座(源泉徴収なし)を選択し、繰越控除をすべきだったと思います。

でも、それは今だから言えることであって、利益が出る可能性もありました。

結局は、どっちつかずで、確定申告が面倒で繰越控除もしませんでした。

節約上手な主婦とは言えませんね(汗)

 

私のようなズボラさんじゃなくて、ちゃんと考えている人が、節税対策ができます。

もっと、いろいろと勉強しなくてはと思います。

今から、主婦トレーダーを目指される場合、デモトレもされるとして、最初は38万を超すことはないだろうという考えで、

最初の1年は特別口座(源泉徴収なし)を選択するのもありだと思います。

 

ただし、38万を超えないように、きちんと売買日記をつけてくださいね。

 

しかし、最終的には、特別口座(源泉徴収あり)がおすすめです。

主婦レーダーの最大のメリットである、配偶者控除の枠を超えて利益を得るためです。

 

*税制はコロコロ変わります。

私も細かくチェックして更新していくつもりではいますが、今書かれている記事が最新でない可能性もありますので、税金については、特にお気を付けください。

 

賢い主婦としては、資金管理も大切です。

ライフプラン
主婦トレーダが注意すべき、資金管理とトレードに必要な資金額とは?

主婦トレーダーにとって、まず初めに考えるべきことの一つとして、「資金管理」があります。 デイトレードは、主婦のお小遣い稼ぎ、副業、在宅ワークとして、魅力的な仕事であることに間違いありません。 その反面 ...

続きを見る

 

自分の手法にあった証券会社に、まずは口座を開いてください。

そこからがスタートです。

手に持ったパソコンのイラスト
私が使っているネット証券。証券会社は、自分の投資スタイルで選ぼう

数あるネット証券の中で、どの証券会社を選ぶべきでしょうか? 答えは簡単。 自分の投資スタイルに合った証券会社を選択することです    当たり前のことかもしれませんが、買い物をする時の自分に置 ...

続きを見る

なんでも、チャレンジで行きましょう。

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-主婦トレーダー
-, ,

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2019 All Rights Reserved.