デイトレ手法

デイトレで、始値のブレイクで仕掛ける理由とその手法とは?

投稿日:2018年9月11日 更新日:

始値ブレイク

「始値ブレイク」は、先輩直伝、私の鉄板トレードです。

トレードを午前中で終わらせるようになり、今まで以上に、寄り付きの早い段階でトレンドに乗ることに気持ちを集中させています。

日足が良ければ、寄り付き成行買いでも、追いかけ買いもありです。

「始値ブレイク」は、分かりやすい手法なので、初心者主婦トレーダーの方も自分のルールに取り入れやすいと思います。

デイトレの、一つの手法として、ご検討下さいね。

寄り付きで「始値ブレイク」を狙う理由

 

寄り付きで買いを仕掛ける時、始値をブレイクする瞬間を狙っています。

出来高の多い価格は抵抗線になります。

 

たとえば、寄り付き成り行きで100円で多くの人が買ったとします。

その後、株価が下落しました。すると100円が抵抗線になります。

100円で買った人は損をしたくないので、「なんとか100円まで戻ってこないかなぁ」という気持ちでいます。

そして、始値の100円が強い抵抗線になります。

 

その強い売り圧力である抵抗線を抜ければ、売り圧力が弱くなるので、その値段を抜ければ、上昇していく可能性が高くなります。

 

寄り付き、株価の下げ止まりを確認し、ブレイクする銘柄を狙うといったイメージです。

寄り付きで成行買いするより、下がらなかったことを確認するので、リスクが小さくなります。

反面、寄り付きからグングン上げていく銘柄もあるので、リスクを取らない分、寄り付きからの上げに乗れないという欠点があります。

 

一日の中で、もっとも出来高が多いのは寄り付きです。

なので、始値は抵抗線になりやすいです。

後場の寄り付きにも同じ手法が使えますが、前場の方が有効です。

なぜなら、前場で上がった銘柄はランキングにも出ている可能性が高いので、そこからのGUを狙うのはリスクが高めです。

後場の寄り付きは、すでに一番美味しいところが終わっている銘柄が多いので、前場より当たり銘柄が少ないです。

それでも、午後から急激に、上げていく銘柄もあります。

見つけたら、ラッキー♪

一日トレードされているのなら、乗るべきです。

私のように、午前中でトレードを終えていると、後で日足を見て「後場からあがったかぁ~~~」と、ちょっぴり気持ちが切なくなります。

 

いくつか、「始値ブレイク」の5分足チャートを載せてみます。

オレンジの線が、始値です。

この線を超えたところを狙います。

 

ちょっと、GUが小さい。でもこの日の日足が良い銘柄。

 

5分で来るわけではありません、

分後でも、数時間でも、始値を超えれは「始値ブレイク」です。

ただ、あまりにも下から上げてくる銘柄は、すでにパワーを使い果たしている可能性が高いので、要注意です。

 

これも、GU小さめだけど、小さな下ヒゲがあります。
始値ブレイクでエントリーできなければ、次は、長い線の抵抗線抜けを狙います。

 

始値ブレイクに日足での抵抗線ブレイクを連動させる

 

始値は、どんな銘柄でも意識される抵抗線です。

 

デイトレーダーに人気の銘柄では、日足を意識することなく、始値ブレイクで上がっていることがよく起こっています。

 

自分の手法を確立されていて、大きな値幅を狙わないスキャルピング手法ならば、十分とることができます。

しかし、私は大きな株数を入れると、ビビってしまい、自分らしいトレードが出来なくなります。

大きく買いすぎると、早売りしてしまったり、瞬間的に大きく下がった時、損切りが遅れたり、性格的にスキャルピングなど速攻で判断して、小さな値幅を取っていくことに向いていません。

私にとって、勝つ確率を上げるのには、地道に、日足をチェックしていくことが必須です。

 

日足を組みあせせることで、始値をブレイクした時に、上昇していく可能性がより一層高まるからです。

 

BS 日足

トレードでは、常に注目されている形がいくつかあります。

日足での、上値抵抗線抜け、三角持ち合い上抜け、MA25抜け、オーバーシュートのもみ合い抜け(勉強中)、

寄り付き前に前日終値をGUしている銘柄に注目し、それらの銘柄のブレイクを狙って買い(売り)を仕掛けています。

 

どれも、デイトレーダーだけではなく、

多くのトレーダーが意識しているポイントなので、一度ブレイクすると大きく伸びていく確率が高いです。

なので、日足で確認して、初動でエントリーすることが、勝つ確率にもつながります。

 

狙いを定めて、初動でピンポイントで買う!

下げたら、脱出!!

 

買いたい銘柄ほど、動きが早くてついていけません。

スナイパーになった気持ちで、無心でクリックするのみ。

 

無心… 迷いが、エントリーを遅らせます。

射的の名手に憧れる私です(笑)

 

射的

丁寧に調べる
デイトレで前日の日足を見る優位性とは?

デイトレードとは、その日のうちに買って売ってを繰り返し、完結するトーレードスタイルです。 デイトレードとして参加したのなら、持ち越しはしません。 それでも、私は、監視銘柄の前日までの日足の動きのチェッ ...

続きを見る

逆そう看板
「始値ブレイク」は、ウップスに注意!反対側にいるトレーダーの心理を考えよう

私が実践している手法は、日足でGUした銘柄を狙う「始値ブレイク」です。 しかし、この手法で気を付けなくてはいけないことがあります。 始値ブレイクと全く反対の逆張り手法「ウップス」です。 自分の売買の反 ...

続きを見る

デイトレで、始値のブレイクで買いを仕掛けるのまとめ

 

日足と連動させて、初動で乗ると、トレンドに乗る確率が上がります。

 

日足が寄り付きでブレイクする位置で始まりそうなら、どんな買い方もありです。

みんなが見ているポイントなので、日中株価を見ることができない人が指値を入れている確率も高いからです。

私も、スイングを仕込む時は、デイトレと同時に見る余裕はないので、成行買いをしたり、指値をしたり、上がったの覚悟で、追いかけ買いをします。

 

デイトレでも、「ずっと見ていた、GUしてる、今日こそご出発日だ!」と思った時は、板が厚ければ、成行買いを仕掛けます。

 

しかし、初動でエントリーをするのは、始値ブレイク狙いが多いですし、成功する確率も高いです。

それは、私が始値ブレイクを、自分のルールとして信頼しているからだと思います。

だから、迷いなく、エントリーできるので、確率が上がるのです。

 

初心者主婦トレーダーさんが、初めてデイトレをされる時は、

 

指数も上がりそうという寄り付きの雰囲気を感じ取った日に、

「これぞ!」っという日足の良い銘柄を見つけて、まずは始値ブレイク狙いで、デイトレに挑戦してみて下さい。

 

指数の動きに後押しされながら、トレンドに乗ると、確率が上がる可能性が高くなります。

初心者の方は、大切な資金を守るために、まずはデモトレで検証してみて下さいね♪

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-デイトレ手法
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.