デイトレ手法

「順張り・逆張り」とは?どっちがいいの? | それぞれの手法のメリット、デメリットを考えてみよう。

投稿日:2018年6月19日 更新日:

人生設計の選択

相場には「順張り(じゅんばり)」「逆張り(ぎゃくばり)」の二つのスタイルがあります。

この2つは全く逆の手法ですが、どちらが正解ということはありません。

初心者トレーダーの方は、どちらの手法でトレードをするのか、かなり悩まれるのではないでしょうか?

本を読んでいると、「順張り、逆張り両方するべきだ」「両方できないと機会を逃す」と書いてあったり、両方の手法がごちゃ混ぜに書いてあるので、いったい何が順張りで逆張りなのか、迷われると思います。

デイトレーダーを目指すのなら、大切なことなので、それぞれの投資スタイルについて、理解しておきましょう。

順張りとは?

順張り=株価に流れに合わせて行う手法。上がっている時に買い、相場が下がっている時に売る。

株価の上昇には勢いがあり、その勢いを確認してから、流れ(トレンド)に乗って、投資するという考え方が順張りです。

順張りでは、株価が上昇中の銘柄を狙い、購入した価格よりも、さらに上昇することを期待してトレードをします。
株価の流れが変わらなければ、含み益がでます。

トレンドの波に乗って仕掛けます

順張りのメリットとは?

順張りのメリットは、流れに乗って取引をするので判断がしやすいことです。流れに乗れば、大きな利益を狙えます。
株価の上昇局面では、株を買って含み損になっている人が少ないので、投げ売りしてくる人が少なく、相場がくずれにくいという特徴があります。
そのため、初動に乗れば、波に乗って株価が素直に上がっていきやすいのがメリットと言えます。

順張りのデメリットは?

初動に乗らないと、上昇局面が終わろうとしているタイミングで買ってしまうことがあります。
株価が安値から上昇した後の、天井近辺や、急上昇後の長い上ヒゲ出現直後など、買いとしてふさわしくないタイミングで買えば、ルールに沿って損切りをしないと大失敗する可能性があります。
いわゆる高値つかみ(ジャンピングキャッチ)ですね。

株価が上昇トレンドの途中でも、大きく上昇してしまったものは買わない、天井と疑われるチャートが出現したら買わないなどのルールを決める。
もし、これらの状況で買うとしても、買う前に損切り位置を徹底するなど、大きな損切りの可能性を軽減するためのルールの構築が不可欠です。

ちなみに、私は、ほぼ順張り派ですが、初動を狙いすぎて、リスクが取れないのが悩みの一つです。

 

逆張りとは?

逆張り=株価の流れに逆らって行う手法。下落している時に買い、上がっている時に売って、下がっている時に売る。

株価が一時的に下がり過ぎて、また元にもどろうとするという特徴を利用し、相場の流れ(トレンド)が変わるタイミングを捉えて投資するという考え方が逆張りです。

逆張りでは、株価が下落している銘柄を狙い、安値で購入し、株価の回復を期待してトレードをします。
株価の流れが変わると、含み益がでます。

トレンド変換のリバウンドを狙って仕掛けます。

逆張りのメリットとは?

逆張りのメリットは、うまくタイミングを見計らうことができれば、安値で仕込んで高い利益が上げられることです。
また、流れと逆を行くため、取引相手が多く、人と違う道を行くので、取引がしやすいという利点があります。

逆張りのデメリットとは?

相場の勢いが変わるタイミングを読むのが難しいということです。
個人的な感覚が買いタイミングが大きな影響を与えます。
ある程度株が下がったから「もうこれ以上下がらないだろう」と考えて買ったら、さらに下落したということも少なくありません。

さらに下落した場合、売られすぎと思ってかったのに、さらに株価がさがるので、もうこれ以上さがることはないだろうという思惑で、「ナンピン買い」をします。

ルールを決めて「ナンピン買い」ができる逆張りトレーダーは、利益につながります。
しかし、ルールを決めずに「ナンピン買い」を続けていると、最終的に投げ売りをして、資金を大きく減らことになりかねません。

私は、ビビりトレーダーなので、ナンピン買いをうまく使える自信はありません。
自分の正確にあっているから、順張り目線でエントリーしています。

株価の下げ止まりを待ってから、チャートで判断し、順張り目線で新規買いした方がリスクが少ない可能性が高いと言えます。

それでも、うまく「ナンピン買い」をルールに取り入れて、逆張りトレーダーとして成功されている方を知っているので、自分はできませんが、ナンピンが悪いとも言い切れません。

 

「結局、順張り・逆張りどちらの手法がいいの?」まとめ

「順ばり」「逆張り」どちらが良いかの結論はありません。

どちらの手法を使うかは、トレーダーの自由です。いつでも変えることができます。
「順張り派」か「逆張り派」かは、人によってそれぞれです。

指標の流れで判断し、その時々に応じて、器用に両方を使い分けている方も大勢います

トレードを始めると、「逆張り、順張り」両方の機会があるのだから、「両方しないと損」とばかりに利益を求め、両方にチャレンジしようする人もいますが、順張りと逆張りではメンタルの考え方にも違いがあります。

私は、日足での銘柄監視では「順張り」「逆張り」両方の目線で、チェックをしていますが、デイトレード中は、ほぼ順張りです。
ただ単に、値動きの速さにビビり、器用に使いこなせないというだけかもしれませんが、自分が得意とする手法を決めておくをいうことは、トレーダーにとって大きな武器になります。

ポイント

順張りができない人は、逆張りもできません。

逆張りができない人は、順張りもできません。

繰り返し自分が有効と思ったルールを検証していく中で、どちらの手法が自分に合っているのか、自分が得意のパターンを検証し、有効だと思う「自分の手法」で相場に参加しましょう。

確実にできるようになってから、もう一つのやり方を始めても遅くはありませんし、どちらかに絞っても、そのルールが有効ならば、両方することにこだわる必要もないです。

相場には、上がるか下がるかしかありません。

「順張りがしやすい」「逆張りがしやすい」
どちらかが常に有効ということはありません。

順張りも逆張りもリスクは同じです。

「順張りかよい」、「逆張りがよい」を意識することに意味はなく、自分がやりやすい手法で、自分に最適な大きさのリスクを取ることが、なにより大事なのではないでしょうか?

デイトレで前日の日足を見る優位性とは?

 

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-デイトレ手法
-,

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.