私についてと日々のこと

コロナショック!経験したことがない最大級の暴落相場。

大暴落

コロナショックが起こりました。

私が株式投資を始めて、初めて経験する、強烈な下げ相場です。

ここが底値か、それとも更なる暴落に拍車をかけるのか…

全く想像ができません。

 

このような暴落相場の時、どのような対応をすべきでしょうか?

私がリスク管理のために行動したことをお伝えします。

素人考えですので、もっといい方法があるはずです。

でも、今現在、私ができる防御策はこれくらいしか思いつきませんでした。

持ち株どうしよう?

 

私は、株主優待、投資信託、スイングトレード、デイトレード、多くの資金を株式に投資しています。

コロナショックで含み損を抱えました。

まだ含み利益があるものも、日々急激に減っていきました。

 

「きゃ~!! どうしよう…」

このような相場の経験がない私は悩みました。

 

不安になっているだけはダメ。

考えて、私なりにできる行動をしよう。

 

 

1.スイングトレードは、大きな損失を確定

チャートを見て泣く女性

私は、デイトレードだけではなく、短期目線のスイングトレードをしています。

コロナショックが始まった当初、保有しているいくつかの銘柄で含み損を抱えていました。

 

急速に広がってくるコロナウィルス。

 

じわじわ下げてくる株価。

 

日本にもコロナウィルスが上陸。

 

さらに下げる株価。

 

「ポチ」

 

含み損を、確定しました。

この時点で遅かったかもしれませんが、それでも2月半ばぐらいだったので、大暴落の前に、逃げることができました。

 

現在、スイングの保有はありません。

 

暴落相場はチャンスでもあります。

でも、私には、スイングでこの暴落相場の最中に買い進めるような、能力と精神力と資金力を持ち合わせていません。

それに、これからアメリカにコロナウィルスが広がっていけば、さらなる下落もあり得るのでは?という考えでいます。

(一週間前にこの記事の下書きを書いていたのですが、予想以上の急落が起こりました。)

 

底かもしれない、底じゃないかもしれない、そんなことを考えていたら、なかなか買えませんね。

スイングで使える資金が限られているので、計画的ナンピンもできない。

この相場が落ち着くまで、そして、損失をデイトレードで穴埋めするまで、スイングトレードはお休みです。

 

 

2.株主優待の保有は、損と利益を相殺させた

逃げ足が速い

 

コロナショックが今までのショック相場と違うこと。

それは、コロナウィルスが日本に広がり、私たちの生活が機能しなくなったこと。

今まで40年以上生きてきて、学校が急に休校になったり、外出自粛になったことはありませんでした。

 

株主優待の保有銘柄は、飲食、百貨店など消費に直結する銘柄です。

なので、大きな影響を受けています。

 

スイングは早々に損失撤退しましたが、株主優待は3月になっても保有していました。

しかし、大きな下げがやってきた!

 

パニック売りは損だという考えもありますが、まだ日本に上陸したばかりで、これから世界中に広がっていくかもしれないという不安がありました。

確実に消費は落ち込む。

特に外食産業は…

 

まだ含み益がある銘柄もありました。

そこで、最近購入して、現時点で損になっている銘柄と、まだ利益のある銘柄を相殺させて、現金保有の率を増やしました。

 

株主優待は、キャピタルゲインを狙っているのではなく、インカムゲインを狙っているという考えでいます。

値動きに左右されず、ずっと保有していることが理想だと思いますが、

外食産業は、これからさらに下がる可能性があると考えての、一時撤退です。

 

相殺させる銘柄は、6月に優待期限があるすかいらーくにしました。

あと、長期優待特典が惜しいとは思いましたが、利益がそれほど大きくなかったトリドールも。

 

損と利益を相殺させたあと、まだ利益のある銘柄、長期優待特典のある銘柄は、そのまま持ち続けています。

あと、イオン、伊勢丹、は今の場所に住む限りずっと使い続けるので、どんなに下がっても上がっても売ることはありません。

 

 

 

3.投信積立は、最近始めたかどうかで考えてみた。

ステップアップ

投信積立も、大きく下がりました。

 

とりあえず、最初の大きな下げの時点で、数年前に始めたiDeCoはまだプラスでした。

これから下がる可能性が高いと考え、とりあえずリスクのないものに、預け替え。

この相場が落ち着いてから、また始めます。

 

何年も前から始めている投信積立は、まだプラス圏内。

このまま積み立て続けます。

さらに下げる可能性もありますが、今のところ放置ですね。

 

ただ、以前から規模が大きくなりすぎて、パフォーマンスが落ちていることが気になっていた、日本株のアクティブファンドが、コロナショックで大きく下げたので、こちらはどこかで撤退予定です。

小さな損失で撤退しようとしたのですが、夫の「投資信託はそのままでいいと思う。マイナスになっても持ってていいんじゃないかな?」の一言で心が揺らいでしまいました。

気になっているのなら、早期に撤退すべきでしたね。

うぅ~。今は、どこかのタイミングで損切をして、その資金を更なる下落で買い進めるための資金にしようと考えています。

 

 

デイトレードはこんな時でもゆっくり眠れるのが魅力

寝る女性

 

私は他の投資をしているので、前日のNYダウの動きに敏感になっていますが、

デイトレードのみならば、前日どんなにNYダウが下げようが、どんなパニック相場が起ころうが、安心して寝ることができます。

持ち越しリスクがないことが、デイトレードの魅力の一つだと、経験したことがない荒れ相場で、改めて実感しました。

 

デイトレードを身に着ければ、スイングトレードで発生した損失を、コツコツ返していくことも可能です。

今回、痛い思いをしたので、しばらくコツコツコツコツデイトレードを頑張らなくては!

 

 

やればよかったと後悔していること。

困るひよこ

 

今まで大きな損失を出すような経験をしていませんでした。

なので、損失を少しでも回避する対策をしていなかったのが、今回の大大大反省点です。

 

例えば日経が下がったときに上がるETFを買う。先物を売るといった行為です。

もっと早い時期に調べておけば、行動に移せました。

 

まだまだ勉強不足。頑張らなくては!

 

コロナショック!経験したことがない最大級の暴落相場。

 

コロナウィルスは、世界中に恐怖をもたらしました。

限定的だという意見もあります。

これから暖かくなってきて終息する可能性もあります。

しかし、それはそうなるかも?であって、誰も未来は読めません。

だからといって、悲観しているだけではだめ。

未来は読めないけれど、今できる行動はやらなくちゃと、行動に移しました。

 

普通の主婦。

知識は限られています。

 

一過性のもの?

本当は持ち続けるべき?

株主優待売ったこと、後で後悔するかな?

 

迷ってたら、きりがない。

資金管理の観点から、

自分が納得できる行動をやりました。

 

決して、私のように行動すべきだなんて、これっぽっちも思っていません。

持ち続けることが正解かもしれません。

ただ単純に、株式に関するブログを書いている身なので、私の思いと行動をお伝えしておくべきだと考え、記事にしました。

 

歩み値見てると、大きく買い向かっている大口さんもいます。

でも私自身は、資金を守ることを第一に考え、相場の方向性が見えてきてから、行動に移します。

理由は、スイングで落ちるナイフをつかみ続ける資金がないから。

落ちるナイフをつかんで、買い進める資金があるのなら、絶好の買い場ですね。

 

もう一度言いますが、これは一意見です。

他のトレーダーの方がどのような考えでいるのかは、全く分かりません。

自己判断でお願いします。

 

これから何度も起こりえる下落相場のイメージをつかみ、とっさに行動ができるようになっていきたいです。

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-私についてと日々のこと

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2020 All Rights Reserved.