用語解説、相場格言

順張りトレーダーである私が、意識している名言・格言

投稿日:2018年6月12日 更新日:

トレードを行う際に、私自身が日ごろから意識している言葉を並べてみました。
どんなに有名な言葉でも、私のトレードには関係がない言葉もあるので、ここでは触れていません。

先人の言葉は偉大です。
偉人の名言、ことわざ、四字熟語などを知っていると、自分の行動に取り入れ、自分自身の意識を変えていくきっかけになります。
それと同じように、相場に関連する言葉を知り、意識していくことで、自分の潜在意識を変えていく助けになることでしょう。

相場には、たくさんの格言、名言があります。
十人十色のトレード手法があるように、自分のトレードスタイルに合った名言、格言を取り入れていくことが、トレードの上達につながります。

私が意識している言葉はどれも、トレード(特に順張りトレード)をされている方には、「それができていればね…」と納得される言葉ばかりでしょう。

今、私はこの行動をしているから自分が納得できるトレードができた
自分のルールに反して、この行動ができなかったから、自分が納得できるトレードができなかった」と、トレードをしている時間だけではなく、日ごろから自分が意識している言葉を思い返し、自分の行動をイメトレしてみることをお勧めします。

日々検証と反省の中で、人は成長していきます。
成長過程であきらめた人が「デイトレードはやるもんじゃない」「株なんて怖いもんだ」と言っているのです。

私自身、まだまだ成長過程です。それでも、前を向いているからトレードを続けていくことができます。

意識している言葉の意味と共に、私がそれらの言葉をトレードでどのようにとらえているのかも織込んでみました。
しかし、ここで書かれている格言、名言は、あくまで私のトレード方針、メンタル、手法で必要なものということをお忘れなく。

私の反省と戒めの意味も込めた、格言名言集です(笑)

もうはまだなり まだはもうなり

「もう」高値だろう、「もう」底値だろうと考えるときには、「まだ」上値があるのではないか、「もう」底値ではないのではないかと考える。
つまり、投資家自身の独自の判断が一番危険なので、冷静に相場を見つめることが大切ということ。

私がよくする反省は、初動に少しでも乗り遅れると、怖くなってエントリーしないことです。
勝手に「もう」と思い込み、エントリーできなくなるのです。すると、日足が良いと、トレンドに乗って、どんどん上がっていきます。
上がっていく株を高値つかみしないために、ただただお見送り(涙)

逆パターンもあります。売りでエントリーしようと寄り付き前に計画していて、初動のエントリーにちょっと乗り遅れて、踏み上げが怖くなってエントリーできず(涙)
初動でのエントリーを意識することが、私が高値つかみをしにくいというメリットではあるのですが、あまりにもリスクをとれないビビりなので、自分が情けなくなることが多々あります。

自己判断で「もう」と思ってエントリーしなかった時、「日足が良く、5分足でも自分のルールに沿っているのなら、リスクを取ってでもエントリーすべきだったと」自己反省し、この言葉を思い返します。

 

買いにくい相場は高い

人の心理として、安い物に魅力を感じる。株についても、安いからという理由だけで買う人がいる。しかし株価が安いにはそれなりの理由がある場合も多い。 株価が高いというだけの理由で手を出したがらない心理もある。なぜ高いかにはそれなりに理由がある。ただ単に高いということだけで敬遠していては、せっかくの相場にも乗れない。

株価の値動きの原因は、すべてチャートに現れます。(テクニカル分析での形、ファンダメンタル分析の理由、決算発表など)
上昇(下降)トレンドが発生しているのにはそれなりの訳があります。ただ単に高い(低い)というだけで手を出すと痛い目にあいますが、「もうはまだなり」と一緒で、買いにくいチャートに乗らないと、置いてけぼりです。

トレンドに乗る銘柄ほど、買いにくい(売りにくい)です。なぜなら、みんながまだかまだかとじ~っと見ているからです。

  • 寄り付きでGU(GD)している銘柄に乗る。
    もみ合いから上抜けるときに、板にぶつけて先陣を切って買いに行く。
    上値抵抗線を超えて上昇するチャートにのる。

どれも、勇気がいる行為です。でも、買いにくい株を買えるということが、順張りトレーダーに必要な行為であることは間違いありません。

私は、「どうせ損切りでしょ?」って言いながら、買いクリック押してます。

 

売りは早かれ 買いは遅かれ

株式投資では、買いは易しいが売りは難しいといわれている。売りが上手になれば、生き残ることができる。 上げ相場はじっくりと上げていくため焦って買いに走る必要はないけれども、下落するときは急落することが多いため売りは迅速に行動するべき。

私は、この格言は、売りは早かれ=損切りは早く 買いは遅かれ=利益は伸ばすという意味だと理解していました。
今でも、自分の解釈でこの格言を意識するのもありだと、思っています。

実際は、含み益が出始めると、ついつい「もう少し利益が増えてから売ろう」などと欲張ってしまいがちで、売り時を遅くしてしまっていると、利確のチャンスを失うだけでなく、急落して含み損を抱えることになりかねないということを戒めた言葉でした。

思い当たることありありです(汗)
私は、利益はできる限り伸ばすことばかりにとらえられている時期がありました。そして、元値に戻って、ノックアウト。。。

トレードをしていると感じることは、上げのスピードよりも、下げのスピードの方が明らかに速いです。

デイトレの世界は、時間との勝負、自分との勝負です。迅速な判断が求められ、勝負の分かれ目になります。買うこと以上に、売ること(利確・損切り)に集中しましょう。

 

負けなければおのずと勝ちになる

現役敏腕トレーダーであるテスタさんがおっしゃっている言葉です。
「損切りは必須」と分かっていても、実際に実行が難しいのが人間の心理です。それでも、自分がこうなると予想したことが、うまくいかなかった段階で決済する。

テスタさんは、スキャルピングを得意とするトレーダーですので、一瞬の判断が明暗を分けます。そんな中で、出た名言ではないでしょうか?

私の場合、もう少し時間軸が長いので、負けないことを意識しすぎると、損切りが浅くなることがあるので、注意は必要ですが、エントリー前にリスクとリターンを意識して、
トータルで負けないことを心掛けています。
勝つことばかりを考えず、自分のトレードを日々淡々と繰り返していく中で、負けないトレードができるようになれば、勝とうと思わなくても、自然と勝ちが付いてくるということですね。

 

頭としっぽはくれてやれ

最高値で売ろうとか最安値で買おうと思わない。頭というのは相場の天井(高値)を指し、尻尾は相場の底(安値)を指す。つまり、投資をするとき天井(高値)で売ること、底値(安値)で買うことにこだわらずほどほどにするべきであるということ。

私は、ある方から投資法と投資に欠かせないメンタルについて教えていただき、トレードに対する意識が変わりました。

しかし、その方の手法は、一日の利益を大きく大きく伸ばす手法でした。
大きく伸ばそうとすればするほど、欲神様に取りつかれた私は、欲だけがふくらみ、株価が下げてくると、「また元に戻るかも?」「もうちょっと上がってから利確しよう」なんて、甘い考えが膨らみ、元に戻ってしまうどころか損をしてしまうというもありました。要するに、利確が下手だったのです。

今も、利を伸ばすことを意識していますが、相場のサインを見て、欲を持ちすぎずに、「しっぽはくれてやれ」の気持ちで、トレードをするようになってから、手法が落ち着きました。
「もっとのばせたはずなのに」「ここで売っておけばよかった」などと意味のない反省をやめることで、気持ちのUPダウンが減りました。

次のページへ >

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-用語解説、相場格言
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.