デイトレ手法

デイトレは、寄り付き直前が勝負時!ぎりぎりまで銘柄選択をしよう

投稿日:2018年12月4日 更新日:

株式市場が開く時間は、9時です。

しかし、一番思考する時間は、ザラ場中ではなく「寄り付き前」

この時間に、どのような戦略を立てるかが、重要です。

寄り付き前に、いかに自分の監視銘柄から、当日トレードする銘柄を見つけ出せるかが、その日のトレードの鍵を握っていると言っても過言ではありません。

寄り付き前が、一番思考する時間です。

寄り付き前、指標チェックは欠かせない

朝一番、米国株式市場をチェック

アメリカ市場の前日の値動きは、次の日の日本市場の値動きに影響を及ぼす可能性が高いです。

私は、スイングを仕込んでいることもあるので、朝起きて「ひぇ~~~!」ということも(笑)

必ず、チェックすることを習慣にしましょう。

 

日経平均株価の、一日の動きを予測する

予測と言っても、株価が予想通りに動くとは限りません。

監視銘柄の板の動きから、全体が低く寄り付きそうかどうかはなんとなく分かります。

特に、新興市場は、日経平均と全く違う動きをすることも多いので、必要以上に指標に左右され過ぎないようにも気を付けています。

それでも、個別株は、指標の動きに左右されやすいので、寄り付き前の指標の予測はしています。

 

私は、自分自身で予測するのではなく、マネックス証券のメールサービスを利用しています。

マーケットメール(朝刊)では、寄り付き前(8時~8時半ごろ)に、海外の主要指数、NY市場の動向、今日の視点などを分かりやすく伝えてくれるので、時短になります。

マーケットメール(夕刊)もチェックしています。今日の相場について、明日への視点などを配信しているので、指標の5分足や日足の確認をしています。

他にも、登録しておくと面白いセミナーや取り扱いIPO情報などが配信されるので、メール配信だけでも、マネックス証券は、口座を開設する価値が十分にありますよ。

手数料が安ければ、取引にも利用するのですが…

情報取得源として、必須の証券会社です。

マネックス証券

 

ニュースは、ほとんど見ていません

監視銘柄を中心に、デイトレをしているので、世界情勢にかかわるような、大きなニュース以外、ほとんど見ません。

SBI証券のネットストックハイスピードでは、個別銘柄にニュースがあると、チャートに「N」マークが出るので、自分の監視銘柄にニュースが出た時にはチェックします。

個別銘柄にニュースが出たからといって、上がるとは限りません。

ただ、監視銘柄にニュースが出ると、他の人も注目してくれるので、値動きが良くなる可能性があるからです。

時間があれば、材料銘柄のチャートを確認することもありますが、いらない情報を持つと、いらないことをしたくなるので、やはり私には監視銘柄に沿ったチャート売買が向いています。

 

前日か、当日の朝に監視銘柄のチェック

チェックリスト

デイトレをする際、監視銘柄のチェックは、欠かせない作業です。

私は、監視銘柄の確認をしていない時は、トレードをやりません。

デイトレを始めた当初は、子どもが寝た後に、数時間かけて監視銘柄のチェックしていました。

慣れてきてからは、ザラ場が終わった直後や子どもの習い事中に、チェックをしていました。

だんだん慣れてきて、子どもが寝た後か、朝の用意が終わった後にチェックをすることもできるようになりました。

時間がなければ、超時短チェック。

 

デイトレを優位に進めるための、前日までの銘柄チェックの利点は、「自分の都合に合わせてできること」です。

自分の都合でできる作業は、主婦にとって、助かりますよね。

銘柄探しに時間をかけるほど、チャンスは多く見つかります。(多すぎて、見逃していては意味ありませんが…いや、それでもあると思いたい)

監視銘柄探しを一番重要視して下さいね。

 

8時15分から9時ギリギリまで

8時過ぎから、板情報を見ることができます。

しかし、まだまだここからどう動くかは分かりません

でも、監視銘柄をそろえているのなら、板で高く寄り付くか低く寄り付くかのチェックができます。

高く寄り付きそうなものを、とりあえず優先的に、個別チャートに表示させていきます。

ある程度出そろった、8時半ごろからが一番忙しいです。

ギリギリまでチャートの入れ替えに追われています。

板と日足チャートを見比べて、より強い株を一番目立つポジションに置き、直ぐに対応できるようにするためです。

だからと言って、

外れることも多々あるんですけどね~

ほんと、株はギリギリまでどう動くか分かりません。

寄り付き前は低かったのに、直前になって、ぐ~~~~んと伸びることもあります。

 

せっかくチャートをチェックしているのですから、見逃さないことが大切。

チャートをこまめに入れ替えて、日足との連動も再確認。

寄り付き前の時間が、一番頭を使い、手を使い、大忙し!!

 

監視銘柄が多ければ、全てのチャンスを生かすことができるわけではありませんが、自分のどんくささが分かっているので、私は監視銘柄が多いです。

自分の実力が分かっているからこその下調べ。

監視銘柄を用意しておけば、用意した銘柄に「当たり」と「はずれ」があっても、「やるべきことができていれば」「やってはいけないことをしなければ」トータルで利益を得る可能性が高まります。




デイトレーダーは、寄り付き直前が勝負!ぎりぎりまで銘柄選択をしようのまとめ

時間管理

私が、寄付きギリギリまで監視銘柄の板やチャートのチェックをしているのは、動き出す初動を捉えて、エントリーをしたいからです。

前日までのチャートを監視することで、今日上がりそうな株、今日下がりそうな株に注目していても、その株が、「今日が上がる日なのか?」「明日が上がる日なのか?」「動かず下がるのか?」誰にも予測はできません。

出来ることは、出てきた結果に従うだけ。

出てきた結果に、素直に従うために、「より強い株」を寄り付き直前まで、探しています。

「これ!」と思っていた銘柄が、直前に下がって悲しい思いをすることもあります…

でも、先に監視しているからこそ、他の銘柄で探し直すこともできますし、一度下がったとしても、乗りなおすことができます。

人には見せられないくらい、寄り付き直前はバタバタ(汗)

でも、最後の30秒だけは心落ち着けるように深呼吸して…

9時を迎えます。

順張りは、初動にのることを常に意識する手法だということに、間違いはありません。

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-デイトレ手法
-,

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.