証券会社を選ぶ視点

デイトレードの手数料と空売りに特化した証券会社とは?

投稿日:2018年7月10日 更新日:

デイトレードは一日に、何度も取引をします。
手数料は、買う時にも売る時にもかかってきます。

もし手数料が高額なら…ほんのちょっとの差が、月額や、年額にすると、大きな差となってきます。
わずかな値幅を取るために、

デイトレードで発注する際は、手数料重視の会社を選びましょう。

手数料は、
・売買ごとにかかる
・定額でかかる

の2種類がありますが、デイトレーダーであれば、定額制しか選択はありません。

松井証券・楽天証券・SBI証券の3社をご紹介します。

デイトレードでのおすすめは、松井証券です。

「まだ、信用取引口座を開く気はない、まずは現物取引から始めたい」と思われている、今から始められる主婦トレーダーの方には、楽天証券での口座開設もおすすめします。

参考にしていただけると幸いです。

おすすめ1.松井証券「一日信用取引」と「プレミアム空売り」

松井証券のデイトレードに適した手数料プラン

私がデイトレードで利用している証券会社です。

松井証券には、「一日信用取引」というプランがあり、

一日のうちに株の売買を成立させるのなら、何度取引をしても、手数料が無料です

「一日信用取引」は、デイトレード専用の信用取引です。

信用取引の「同一保証金で一日に何度でも売買できる」メリットを最大限に活かせます。

1注文あたりの約定金額が300万以上で、年利2%の金利・貸株料も完全無料になります。

私は、1注文あたたり、300万以上するような大商いはしないので、金利はかかりますが、年利2%なので、それほど気にする金額にはなりません。

松井証券の「一日信用取引」で注意することは、

翌日への持ち越しはできません。

ぎりぎりまで取引をしていて、反対売買(買い→売り 売り→買い)が成立せず、大引けまで決済されなかった場合はどうなるのでしょうか?


松井証券によって、強制決済されます。

強制決済された場合、手数料として約定代金の0.3%がかかります。新規建てを行った翌日以降は年利2%の金利・貸し株料がかかります。

例えば、50万円のポジションを持っていれば、1500円の手数料がかかります。

この手数料は、主婦トレーダーにとっては、痛いですね。

持ち越ししないことに細心の注意を払いましょう。

・松井証券は、一日の約定代金10万までで売買するのなら、手数料が無料です。業界最安値です。
5万円以下の銘柄で、信用取引口座を開設する前段階として、手数無料で、現物取引で練習ができますね

一日信用取引と手数料無料プランについての詳しい情報は、松井証券のサイトでご確認下さいね。

松井証券の一日信用取引

約定代金10万円まで手数料無料!《松井証券》

 

松井証券の空売りプラン

松井証券の一日信用取引では、他の証券会社では空売りできない銘柄も空売りできる
「プレミアム空売り」というサービスがあります。

通常空売りできない新興市場で人気の銘柄やIPO銘柄、調達が難く、制度信用取引で空売りができない銘柄を空売りできます。

順張りトレーダーとしては、買いたい時だけではありません。売りたいときもあります。
それをかなえてくれるのが、「プレミアム空売り」です。

「プレミアム空売り」には注意点があります。

プレミアム空売りの手数料は、通常の空売りと比べて手数料が割高です

その日によって、空売りできる銘柄、手数料は変動します。

ツール上にも表示されていますので、必ず確認してから、売買するようにして下さいね。
私は、値高株を取り扱っていて、手数料に「げっ!」と思ったことがあります。

「デイトレードは持ち越さない」と、自分のルールで決めてしまえば、松井証券の「一日信用取引」が選択肢の必須候補です。

デイトレーダーの多くの方(7割?8割?)が、売買をする口座として、松井証券を利用しています。

それほど、デイトレーダー専用と言ってもよいほどの証券会社なのです。

松井証券は、ツールも、サービスもデイトレードに特化していて、使いやすさも魅力でよ。

 

プレミアム空売りとツールの使いやすさについてのさらに詳しい情報も、松井証券のサイトでご確認下さいね。

松井証券のプレミアム空売り

高機能トレーディングツール ネットストック・ハイスピード

 

おすすめ2.楽天証券 「いちにち信用取引」と「いちにち定額コース」&「デイ割」の併用と「特別空売り」

楽天証券のデイトレードに適した手数料プラン

楽天証券にも、松井証券と同じく、手数料無料の「いちにち信用取引」というプランがあります。

松井証券と同じく、

一日のうちに株の売買を成立させるのなら、何度取引をしても、手数料が無料です。

「いちにち信用取引」も、デイトレード専用の信用取引です。

一日手数料無料で、何度も取引ができる証券会社は、この2社のみです。

こちらも、信用取引の、「同一保証金で、一日に何度でも売買できる」メリットを最大限に活かせます。

1注文あたりの約定金額が100万以上で、年利1.9%の金利・貸株料も完全無料になります。

1注文当たりの、約定金額が100万以上なら、松井証券もかなりハードルが低いですね。
100万以上なら、選択肢に入る方も多いのではないでしょうか?

こちらも100万以下の約定なら、金利はかかりますが、年利1.9%なので、それほど気にする金額にはなりません。

松井証券と同じく、持ち越した際は、翌日に強制決済されます。
高額な手数料が取られます。

しかし、松井証券との大きな違いは、現引きが無料でできることです。

現引きとは、

信用取引において、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の元手にある現金で、株式を引き取ることです。

松井証券の場合、現引きも、強制決済と同じ約定代金に対して、0.3%の手数料がかかります。

それが、楽天証券の場合、当日中に現引きするのであれば、手数料が無料です

この差は大きいですね。

「デイトレードだけれど、スィングトレードで持ち越しも考えている。」

「ストップ安で張り付き、強制的な持ち越しになってしまいそうだ。」

という方は、現引きができることは大変魅力的なので、楽天証券でのデイトレードもぜひ、視野に入れてみてください。

 

現物取引で、デイトレの練習をするなら、楽天証券の「一日定額コース」と「デイトレード割引(デイ割)」を使おう。

楽天証券には、「いちにち定額コース」があります。
1日の約定金額合計に対し、手数料がかかります。

 

「いちにち定額コース」で、10万円以下で売買するのなら、手数料が無料です。
業界最安値です。

さらに魅力的なのは、一日定額コースには、「デイトレード割引(デイ割)」というプランがあり、それを利用すると、現物取引でも10万円までの売買なら、手数料無料で、デイトレードができます。

つまり、その日のうちに売買を終えるのなら、松井証券やSBI証券は買→売で、5万円までの銘柄で売買が無料ですが、楽天証券なら、買→売で、10万円までの売買なら無料と言うことです。

現物取引で手数料無料で取引ができることは、まだデイトレードを始めようか迷っている主婦トレーダーの方、今は信用取引口座を開くだけの資金が足りていない方にとって、大きな魅力です。 デモトレと併用して、チャートや板を見て現物取引の少額トレードで練習することができます。

詳しく見ていきましょう。下は一日定額コースの手数料です。

一日定額コース

1日の約定代金合計額 手数料
10万円まで 0円
20万円まで 191円(税込み206円)
30万円まで 286円(税込み308円)
50万円まで 429円(税込み463円)
100万円まで 858円(税込み926円)
200万円まで 2000円(税込み2160円)
以降、100万円増えるごとに 1000円(税込み1080円)ずつ増加

デイトレード割引とは、

一日定額コースを選択して、デイトレードをした際、返済手数料が無料になるプランです。

例えば

・A銘柄を購入し、買い付けに手数料がかかりますが、その日中に売却した場合、返済時の手数料が無料になります。

一日で取引をするのなら、片道切符は無料と考えてください。

10万以下の銘柄を100株買い、その日のうちに買い戻す。

5万円以下の銘柄を200株買い、その日のうちに買い戻す。

3万円の銘柄を300株買い、その日のうちに買い戻す。

こんな使い方ができます。

これから、デイトレードを始めようと思われている初心者主婦トレーダーの方が、売買を経験するにはもってこいのプランですね。

現物取引で売買する場合、回転売買(銘柄を買って売ってから、同じ資金で同じ銘柄を買いなおす)はできないので、その点は注意してくださいね。

楽天証券の空売りプラン

楽天証券の一日信用取引でも、他の証券会社では空売りできない銘柄も空売りできる
「特別空売り」というサービスがあります。

通常空売りできない新興市場で人気の銘柄やIPO銘柄、調達が難く、制度信用取引で空売りができない銘柄の空売りができます。

「特別空売り」にも「HYPER空売り」と同じ注意点があります。

特別空売りの手数料も、通常の空売りと比べて手数料が高いです。

こちらも、その日によって、空売りができる銘柄、空売り料は変動します。
必ず確認してから、売買するようにして下さいね。

私は現在、注文ツールが使いやすいことと、楽天でクロス取引をしているので、デイトレ口座と分けるために、松井証券を利用していますが、

ポイント

・金利、貸し株料(松井 2.0% 楽天1.9%)

・金利・貸し株料が0になる売買代金(松井 300万以上 楽天100万以上)

・楽天は、現引きができる

・「いちにち定額コース」と「デイトレード割引」を併用して、現物取引でデイトレードの練習ができる

という3点では、松井証券よりも魅力的です。

個人的には、楽天での株主優待のクロス取引も魅力です♪

楽天証券での口座開設も視野に入れてみてくださいね。

 

おすすめ3.SBI証券「アクティブプラン」と「HYPER空売り」

SBI証券の手数料プラン

SBI証券には、手数料プランとして、「アクティブプラン」があります。
1日の約定金額合計に対し、手数料がかかります。

・「アクティブプラン」で、5万円以下で売買するのなら、手数料が無料です。
業界最安値です。

こちらも、5万円以下の銘柄で、信用取引口座を開設する前段階として、現物取引で手数料無料で練習ができますね。

・信用取引で、5000万以上は手数料が無料です。…私には、遠い遠い世界のお話です(笑)

アクティブプラン(現物取引)
1日の約定代金合計額 手数料
10万円まで 0円
20万円まで 191円(税込み206円)
30万円まで 286円(税込み308円)
100万円まで 429円(税込み463円)
100万円まで 762円(税込み822円)
以降100万円増加毎に 400円(税込み432円)ずつ増加
アクティブプラン(信用取引)
一日の約定代金合計額 手数料 5000万円以上
10万円まで 0円 0円
50万円まで 239円(税込み258円)
100万円まで 477円(税込み515円)
以降100万円増加毎に 400円(税込み432円)ずつ増加

SBI証券の手数料プラン自体は、安いのでデイトレード以外の持ち越し取引ではお勧めしますが、私のような、弱小主婦トレーダーには、デイトレード手数料を考えると、選択肢に入ってきません。
一日の売買が5000万以上が当たり前のデイトレーダーさん専用の証券会社ですね。

SBI証券の空売りプラン

手数料からすると、デイトレーダー向きではないのに、なぜご紹介するかというと、

SBI証券にも、「HYPER空売り」という返済期限が当日の信用取引があります。

松井証券や楽天証券と同じく、

通常空売りできない新興市場で人気の銘柄やIPO銘柄、調達が難く、制度信用取引で空売りができない銘柄の空売りができます。

HYPER空売りも、通常の貸借銘柄ではできない空売りができるので、手数料が高めです。

松井証券で、デイトレードをしている方が多いので、「プレミアム空売り」は売り切れになっている時がよくあります。
そんな時、SBI証券の「HYPER空売り」なら残ってる!ということがあるので、「売りたいけれど、売れない」というときに、有効です。

SBI証券で空売りをするメリットは、HYPER空売りでなく、通常の貸借銘柄なら、売りで持ち越しができます。買いも、もちろん持ち越しができます。

松井証券の「一日信用取引」では、全ての銘柄を返済しなくてはいけないので、これができません。

SBI証券は、売り建てができる銘柄が多いので、デイトレードと併用してスイングトレードをされている方も、SBI証券も選択肢に入りますね。

SBI証券は、我が家のメイン口座です。
トレードをしていない友達も、理由を話すと、SBI証券とSBI銀行は口座を開設します(笑)
キーワードは、主婦の資金管理です。また、デイトレ以外のメリットで、お話ししまね♪

私が松井証券でしかデイトレードをしていない理由

時間をかけて紹介しましたが、私は、現在、松井証券でしかデイトレードをしていません。

ここで紹介している証券会社すべての口座を開設していますが、できる環境にあってもしていません。
他の証券会社は、他の理由で口座開設しています。

理由は、家庭を守る主婦としての「資金管理」です。

主婦にとって、家庭の資金を把握し、管理することは大事な仕事の一つと考えています。

デイトレードをしていると、時に大きな資金を失います。
そんな時、必要な資金にまで手を出してしまうと家計が大変なことになりかねません。

デイトレード用の口座開設を松井証券一社に絞ったのは、
使いやすさと、デイトレードに特化していることはもちろんですが、

いったい自分はどれだけの資金を喪失したのか?
どれだけの収益を得たのかを管理しやすいからです。

持ち株が下がった場合は、必ず強制決済しますが、スイングとして持ち越したいと思う時は、別口座で管理している手数料がかかからないか、少額の口座で、持ち越すようにしています。

それは、私が不器用なだけであって、きちんと管理ができるのなら、ここでお伝えしたそれぞれの証券会社のメリットを最大限に活かせば、デイトレードも、より有利に進めていくことができるかもしれません。

 

「デイトレードの手数料と空売りに特化した証券会社」のまとめ

デイトレードのポイント

デイトレーダーにとって、手数料と魅力的な空売りができるかは、口座開設の必須事項です。

デイトレードのみをするのであれば、口座開設の第一候補は松井証券です。

一つ、注意点として、松井証券のネットストッハイスピードは、一つのパソコンにしか入れることができません。
パソコンを2台以上保有してトレードをするのなら、他の証券会社のツールを利用しましょう。

ポイント

デイトレーダーの多くは、松井証券や楽天証券で取引をしていても、他の証券会社のツールも併用しています。
各社のツールは、それぞれ使い勝手の利点弱点があるので、自分に合ったツールを探がすことも、デイトレーダーの仕事の一つです。

デイトレードに特化した空売りができるのは、

松井証券
楽天証券
SBI証券

のみです。
貸借銘柄でない空売りの手数料は高めのものが多いですが、空売りには、それだけの魅力があります。

売りは怖いという方もいますが、順張りトレーダーなら、日足チャートで売りが有利な日は売りから入るべきです。

デイトレーダーにとって、手数料と人気銘柄の空売りができるかは大切なチェックポイントです。

参考にしていただけると嬉しいです。

初心者の方もデイトレーダーの方も手数料が最安水準!<松井証券>
SBI証券 証券総合口座開設&お取引で最大100,000円プレゼント!

関連記事

Tags

ランキングに参加中です。ブログを読んでいただいた方の、応援が日々の活力になっています。 お手数おかけしますが、ランキングでのクリック、SNSでのシェアなど、ご協力よろしくお願いします。デイトレ&ブログ書き、引き続きコツコツ頑張ります。
 にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 

-証券会社を選ぶ視点
-

Copyright© 初心者主婦のためのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.